テーマ:プリファヴ・スプラウト

プリファブ・スプラウト【プロテスト・ソングス】

 89年作。基本的にはこの頃からずっとパディ・マクルーアンの世界観は何も変わっていないようだ。そして独特なポップ感覚と見事なソングライティング。文句なし! <div class="webryblog_amazon_affiliate_box" id="B00ET821FQ" style="width: 360px; pa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大傑作!!プリファヴ・スプラウト新作【クリムゾン/レッド】

 いやいや入手してよかったァ。アルバム・タイトルからまさかキング・クリムゾンのパロディか? なんて思ったけど、パディ・マクアルーンがプログレやるわけないよね。  しかし、アルバム・カバー内側のパディの現在の写真にはびっくり!!※実はストレンジデイズ1月号ですでに知っていたけど・・・。 白髪のロングヘアにヒゲ・・・レオン・ラッセルも仰天…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

For 90's Lovers【ヨルダン・ザ・カムバック】プリファブ・スプラウト

 パディ・マクアルーンは非常に優れたポップ職人であり、優れたソングライターだ。しかし、プリファブ・スプラウトをロックというジャンルに入れるのには抵抗がある。  確かに怒濤のポップ・バブル期であった80年代を生き残り、90年代により、細分化していくロックのひとつではあるのだろうが、「極上ポップ」で良いんじゃないのかな。  ドリーミーな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[80's洋楽グラフィティ1985編]【スティーヴ・マックィーン】プリファヴ・スプラウト

 印象的なジャケ写とタイトル【スティーヴ・マックィーン】。因みに俺の持っている輸入盤はタイトルが【トゥー・ホウィール・グッド】となっている。どうやらスティーヴ・マックィーンの遺族から訴えられてしばらくの間、タイトルを変えていたらしい。現在は許可されているのか? プロデュースはトーマス・ドルビー。パディ・マクアルーンの作る曲はいかにも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

For 90's Lovers 【プリファブ・スプラウト/アンドロメダ・ハイツ】

 暖房を止めた部屋の窓を思い切って全開にして、キンと冷えたこの季節ならではの冷たい空気を部屋の中へ取り込む。 満天の星を眺めつつ、熱いコーヒーをすする。そんな時にぴったりの音楽。なあんて、かっこつけ過ぎか。ネスカフェのCMみたいだな。『ちがいのわかる男の・・・』エッ知らない・・・新しいねぇ。 古いよ!! 【アンドロメダ・ハイツ】はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more