テーマ:ケイト・ブラザーズ

ケイト・ブラザーズ・セカンド/イン・ワン・アイ・アンド・アウト・ザ・アザー

 以前すでにファーストとサードを紹介済みだったが、今回めでたくセカンドもゲット。 ファンキーなナンバーとスワンプ風味の楽曲の二本立てという点では、基本的にファーストとそれほど路線は変わっていない。プロデュースもスティーヴ・クロッパーが担当しているため、まず抜かりはない。  大人のためのロックってな感じ。 In On…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛岡での収穫③【ケイト・ブラザーズ・バンド】

 2010年の4月2日にファースト・アルバムを取り上げたケイト・ブラザーズのサード。 このアルバムからバンド名義となっている。  サウンドは南部風味のアーシーでファンキーなスワンプ・ロック。 ザ・バンドとAWBの中間といった感じ。 いつでも安心して聴ける類のサウンド。だから、逆に取りたてて派手なサウンドではない。  しかし、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の1曲『ユニオン・マン』ケイト・ブラザーズ

 75年のデビュー作?? たぶん・・・。キーボードとリード・ボーカルを担当するアーニー・ケイトとギターのアール・ケイトの兄弟デュオ。  プロデュースは、かのスティーヴ・クロッパー。中身はブラック・ミュージックからの影響が大きいスワンプ・チューンとファンキー・ロック。そしてややA.O.Rよりのバラード。  レコーディングにはスティーヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more