テーマ:ジョーン・ジェット

フラッシュ・バック/ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ

 ジョーン・ジェットはオリジナル・アルバムをほとんど持っているし、このアルバム未収録曲集のいくつかはすでにオリジナルCDのボートラで出会っているものも多いのだが、それでもついつい買ってしまった。中には『インディアン・ギバー』みたいな今回初めて耳にするものもあるので、まあ手に入れて良かったかなと。  オープニングは元マイティ・クラウズ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛しのジョーン・ジェット【ノトーリアス】

 こちらは90年代とか関係なしに大好きなアルバム。前記事で紹介したポール・ウェスターバーグがジョーンと共作した『バックラッシュ』でスタート!! これがめっちゃカッコイイ!! ポップなメロディとロックのカタルシス。そしてジョーンのキャラクターにぴったり合ったナンバー。  2曲目はややメランコリックでメロウな『アシュズ・イン・ザ・ウィンド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【誘惑のブラックハート】ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ 84年

 続いてもジョーン・ジェットで84年リリースの【誘惑のブラックハート】を・・・。前記事の新作と続けて聴いてもなんの違和感もない。ゆるぎない信念の強さ・・・。  2曲をのぞいてすべてジョーン・ジェットと育ての親であるケニー・ラグーナの共作。オリジナル・アルバムでは全12曲。  カバー曲の1曲目はジョーンのルーツのひとつであるゲイリー・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶれないロケンロール魂【アンバニッシュト】ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ

 「ラン・ローラ・ラン」を見ていたら、何となくジョーン・ジェットを聴きたくなった。昨年リリースされた新作【UNVARNISHED】。デビュー以来ぶれない[ロックン・ロール魂]、そしてどんな困難にも立ち向かう真に強い女性像。何となく[ラン・ローラ・ラン]の主人公とイメージがダブったのだ。  さて、この新作話題になっているのはオープニング…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

80年代予告編という訳でもないけれど・・・【グッド・ミュージック】ジョーン・ジェット

 さて、昨日までで、一応1978年のある程度の俯瞰が終わって、今日から[ロック黄金期1979編]に入るのだが、ちょっとその前に気分転換というか・・・86年のこのアルバムを聴いている。  【グッド・ミュージック】・・・タイトル・ソングには、ダーレン・ラブやビーチ・ボーイズがコーラスで参加。『ビー・マイ・ベイビー』や『ドゥ・イト・アゲイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全編カバーだけど最高!!【ザ・ヒットリスト/雨を見たかい】ジョーン・ジェット

 『アイ・ラブ・ロックン・ロール』も考えてみればカバー曲だったな。 ジョーン・ジェットはずっと好きだ。セクシーさで売るのではなく、ひたすらロケンロールに邁進する姿勢が良い。  自作だろうが、カバーだろうが、やりたい曲をやりたいようにやる。 『ダーティ・ティーズ』AC/DCのいかれたロケンロール。 『ラブ・ハーツ』・・・ナザレスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの子の悪い噂聞きたくないよ〔バッド・レピュテーション〕ジョーン・ジェット

 ジョーン・ジェットが好きだ。クリッシー・ハインドもそうだけど、この目の回り真っ黒のマスカラ付けた女性ロッカーにはかなり惹かれる。前髪も目に入りそうなまんまにしてて・・・。 ジョーン・ジェットは正直ランナウェイズの時には注目していなかった。でも、ソロになってからはほとんどのアルバムを集めるくらいはまった。 オンナだてらにロケ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

レディース・ロック特集【ジョーン・ジェット/アルバム】

 ホワイトのメロディ・メーカーを抱えてジャンプ!! ジョーン・ジェットの音楽性を一瞬で表現しているジャケット。 昨年一度(8/05)『アイ・ラブ・ロックン・ロール』を取り上げたことがあるし、最近[ゲイリー・グリッター]のところでも画像を乗せた。  で、今回グラムつながりということもあるが、男性メンバーを従えて女だてらにロケン・ロール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私的好盤 【アイ・ラブ・ロックンロール/ノトーリアス】ジョーン・ジェット& ブラック・ハーツ

 昨日までボーイッシュだった娘がある日突然はっとするくらい変わるということがあると思う。 ジョーン・ジェットはそんな存在。ランナウェイズ時代は残念ながらあまり印象がない。みんなシェリー・カーリーに釘付けだったからね。ただ、リタ・フォードよりはジョーン・ジェットの方がロッカーっていう感じだったな。  曲のメインライターもジョー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more