テーマ:コモドアーズ

コモドアーズ【ホット・オン・ザ・トラックス】

 コモドアーズ初期のアルバムで唯一持っていなかった【ホット・オン・ザ・トラックス】をようやく手に入れた。 後の『イージー』や『スリー・タイム・ア・レディ』に繋がるようなライオネル・リッチーの大甘バラード路線はすでに顔を出しているが、個人的には後の大ヒット『ブリック・ハウス』を彷彿とさせるファンク『ファンシー・ダンサー』や『カム・インサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コモドアーズ【コート・イン・ジ・アクト】

 初期のコモドアーズのアルバムの中でなかなか手に入りにくかった一枚。最近はモータウン系の名盤、珍盤も千円くらいで店頭で手に入りやすくなっている。これはありがたいよね。  さて、中身の方だが、後のライオネル・リッチー得意のメロウ・バラード路線ではなく、しっかりボーカル&インストルメンタル・グループらしいファンクが満載で素晴らしい。 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ロック黄金期1977編]コモドアーズ・ライヴ/コモドアーズ

 ライオネル・リッチー在籍時は『イージー』だとか『スリー・タイムス・ア・レイディ』などのバラード路線ばかりが注目されていたように誤解されているが、実は結構ばりばりのファンクを売り物にしていた。  コモドアーズはモータウンのアーティストとしては珍しいセルフ・コンテッド(歌だけでなく演奏も自分たちで行う)なグループだった。  このライヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コモドアーズの最高傑作はコレ!!【コモドアーズ】

 コモドアーズ77年リリースのセルフタイトル・アルバム。※5作目。コモドアーズといえば後の『ウイー・アー・ザ・ワールド』や『セイ・ユー・セイ・ミー』などのヒットから、ライオネル・リッチーのいたバンドという認識が強いと思う。  確かにほとんどのレパートリーを手がける中心メンバーではあったが、コモドアーズはあくまでモータウンの伝統を受け継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛聴盤になりそうな気配【コモドアーズ/ムーヴィン・オン】

 これまたずっと探しててようやく入手したコモドアーズのサード・アルバム。ジャケットだけ見ると、一瞬ヴァン・ヘイレンのニューアルバムに似てるよね。っていうかこの近未来的なデザインの機関車は同じものだろう。 ※2月18日のヴァン・ヘイレン【ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース】の記事参照・・・。 さて、このアナログ盤の状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極上ソウル・インスト①『コモドアーズ/マシンガン』

ソウル・インストというと俺の場合すぐ思い浮かぶのはビリー・プレストンの『アウタ・スペース』やブッカーT&MG'sの『グリーン・オニオン』、アベレージ・ホワイト・バンドの『ピック・アップ・ザ・ピーセズ』などだが、コモドアーズの初期のヒット曲『マシンガン』も定番である。とにかくイントロ聴いただけで乗り乗りになること請け合い。 この曲の核は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more