テーマ:ルーファス

ルーファス・ウィズ・チャカ・カーン【カムフラージュ】

 ルーファスの10作目。前作はルーファス単体のアルバムだったが、やはりルーファスにはチャカのボーカルがないと物足りない。  【ストリート・プレイヤー】はまだましだったが、チャカの独立前後の【マスター・ジャム】は正直良い出来だとは思えなかった。なんか楽曲が今一つだったし、チャカの気持ちもここにあらずという感じは否めなかった。  ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RUFUS【ルーファス・ファースト】

 これは多分アナログティスクでも、相当貴重なものに違いない。ルーファスのファースト。今から十数年前に偶然地元の中古レコード店で発見!! 他のルーファスのアルバムはCDでもほとんど 揃えた。 その後様々なCD屋で探してみたけど、これをCDで見つけたことは一度もない。ってことで、現在ネットで調べても見つからないところをみると、未CD化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

78年のヒット作【ストリート・プレイヤー】ルーファス/チャカ・カーン

 ルーファス(フィーチャリング・チャカ・カーン)は大好きなバンドで、オリジナル・アルバムはすべて集めた。 その大半は傑作!! ただしラスト・アルバムの【マスター・ジャム】はたいしたことなかったな。まあ、チャカの独立がすでに決まっていた時期の作品だったので、モチベーションも下がっていたのは致し方ないか・・・。  さてこの78年のアルバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーンズみる前に・・・今日の一曲『ワンス・ユー・ゲット・スターテッド』ルーファス

 さて昨日の夜待望のストーンズ+マディ・ウォーターズのDVD【ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ1981】が届いた。本当は他にCDも数枚一緒に注文していたので8日に届くはずだったのだが、なぜか4日も早く届いたのだ。※まあ早く届くのはいっこうにかまわないのだけど、それならそれでせめてメールよこすとかして欲しいものだ。ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白地にタイトル文字【ルーファス・アンド・チャカ・カーン・ライヴ】最高!!

 アルバム・ジャケットが白地にタイトル文字のみのものというと真っ先に思い浮かぶのが、ビートルズの【ザ・ビートルズ】・・・通称ホワイト・アルバム。 で、ソウル・ファンク系だとルーファスの【ルーファス・アンド・チャカ・カーン・ライヴ】と次に紹介するアース・ウィンド&ファイアーの【グラティテュード】。ともに二枚組壮絶ライヴ・アルバム。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファンク三昧③レディー・ファンク『ルーファス・フィーチャリング・チャカ・カーン』

 今でも大好きなルーファス。やっぱこの頃のルーファスとチャカ・カーンは単なるリード・シンガーとバッキング・バンド以上のケミストリーを作り出していたと思う。(チャカ独立後のルーファスは精彩を欠いていたし、チャカ自身もソロになってからはそれほど大した活躍をしていない) 名曲揃いのアルバム【アスク・ルーファス】だけどまず『アト・ミッドナ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

口のでかさを最大限に生かして【ラグズ・トゥ・ルーファス】チャカ・カーン

 とにかく口がでかい!!マイクが軽く三本入りそうだ。ルーファスの時代から、その圧倒的な歌唱力とパワフルな声量でソウル界で群を抜く存在であったチャカ。ルーファス時代で一番好きだったのは【フィーチャリング・チャカ・カーン】でもなく【アスク・ルーファス】でもなく、【ラグズ・トゥ・ルーファス】。まだトニー・メイデンもボビー・ワトソンもいないが、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私的好盤 口がでかい人は歌がうまい?【ルーファスフィーチャリングチャカ・カーン】

 大学時代、音楽サークルのコンサートをやると大抵最後に卒業生(OB)のバンドが特別参加したりしていたものだ。ドラムスやベースがメチャメチャ上手くて、決まってブラック・ミュージックをやるバンドが多かった。 メンバーの構成は、ギター一人、ベース、ドラムス、キーボード(大抵女性)、たまにサックスが入ったりトランペットがいたり・・・。そしてリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more