テーマ:スティーヴィー・サラス

スティーヴィー・サラス【シェイプ・シフター】

2001年リリース。世が世であればとっくにスーパースターの仲間入りをしていてもおかしくない存在。  ジミ・ヘンドリックスの奏法だけでなく、作曲能力、精神性までを正しく引き継いだアーティストだと思う。彼の音楽性にはネイティヴ・アメリカンや黒人の血がミクスチャーされていることも大いに影響を与えていると思われる。元々、分類しずらい音楽なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティービー・サラス【エレクトリック・パウワウ】

 スティービー・サラスの探してた一枚。今日行った地元近くの街で発見。即ゲット。 ジミ・ヘン・マナーのギター。ソングライティング能力も高くルックスも良いのにどういうわけか日本ではブレイクしていない。  ハードロック、オルタナ、ファンク・・・一つの音楽ジャンルに収まらないところが魅力なのだが、どうも日本ではそういうアーティストは不遇なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティービー・サラス・カラーコード【ザ・サムタイム・オールモスト・ネバー・ワズ】

 どうも日本ではこういうジミ・ヘン・マナーのギタリストは話題にはなるものの、人気が出ないんだよね。 スティービー・サラスの場合、単にジミから影響を受けただけでなく、オルタナ系のラウドでノイジーなミクスチャー感があるから、余計に売りにくいというのがあるのだろうけど・・・。  でもレッチリが売れるなら、こっちも売れてもいいのにな・・・っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴィー・サラス・カラーコード【ブートレッグ・ライク・ア・マグ】

 う~ン。【ウェルカム】よりは、やっぱりこっちの方が燃えるな。92年リリースのスティーヴィー・サラスの来日公演。奇しくもバンドとしてのカラーコードは、この演奏がラスト・ライヴだったそうだ。  しかし、そんなことを微塵も感じさせない熱演。いや、ラストだったからこそのテンションか? コモドアーズの『ブリックハウス』が流れる中『スタンダッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【バック・フロム・ザ・リヴィング】スティーヴィー・サラス・カラーコード

 94年リリース。バディ・マイルスやブーツィーとのコラボ【サード・アイ】やカバー中心の【エレクトリック・パウワウ】を経てカラーコードの実質的な2作目として出されたこのアルバムでは、ファーストに参加したウィンストン・ワトソン、C.Jデヴィラ以外にもT.Mスティーヴンス(驚異のスーパーベーシスト)やブライアン・テッシーなどが参加。  カラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴィー・サラス・カラーコード【カラーコード】

 90年リリース。メキシコ人とアメリカン・ネイティヴの血をひくギタリスト兼ボーカリスト。 タイプとしてはジミ・ヘンの影響を強く受けた一人だけど、何しろジョージ・クリントンやブーツィーなどのP-ファンカー達のバックアップを受けているので、単なるジミ・ヘン・フォロワーに終わっていない。  ベースのC.Jデヴィラ、ドラムスのウィンストン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A to Z [T]【Hard Wear】THIRD EYE(スティーヴィー・サラス)

 スティーヴィー・サラス、ブーツィー、そしてバディ・マイルス。3世代のファンク・マスター達の共通点は、そうジミ・ヘントリックスに大きな影響を受けたというところだろう。  そうした3人が世代の違いを乗り越えて結成したハード・ファンク・ロック・ユニット。 『ガット・ア・フィーリング』で早速この3人の実力を炸裂させる。 『ウェイティング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジミ・ヘン・マナーの90's的発展型【アルター・ネイティヴ】スティーヴィー・サラス

 スティーヴィー・サラスは90年代に出てきたギタリストとしては最も気に入った一人。「スティーヴィー・サラス・カラー・コード」でデビューしたての頃から注目していた。 以後何度もブレイクのチャンスはあったと思うのだが、残念ながら取り立てて大きな成功には繋がっていない。 カラー・コード、サードアイ、ニッケル・バックなど複数のユニットに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more