テーマ:ブラック・サバス

ブラック・サバス解散😢

サバスついに解散!ヤマハのDVDの広告を見ていたら、ビル・ワードは参加していないものの、オジー、ギーザー、アイオミの三人がそろったサバスのラスト・ギグの告知があった。出来ればハロウィンの今日にあわせて発売して欲しかったな。いずれにしても、オジー脱退後のサバスは限りなくサバスに近いコビーバンド的な立ち位置であったことがよくわかる幕切れ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバスのようでサバスじゃない!!ベンベン!!【フォービドン】ブラック・サバス

 95年、18作目なのだそうだ。俺の場合ファーストから精々4作~5作目くらいまでしか、熱心にはフォローしていない。※後【ヘヴン&ヘル】は例外。  まして、メンバーがトニー・アイオミのみで、あとはトニー・マーティン(ボーカル)、ニール・マーレイ(ベース)、コージー・パウエル(ドラムス)という布陣は、最早サバスと言えるのか? じゃあ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝一にサボタージュ【SABOTAGE】BLACK SABBATH

朝一に聴く音楽として適切かどうかわからんが、今朝は一段と寒さがきつい感じで、なんかヘヴィなものを聞きたくなった。  サバスといえばオジー時代のベストは【マスターズ・オブ・リアリティ】や【4】だと思うが、久々にこれを聴いてみたら、世間一般の評判ほど悪くはなかったな・・・。75年リリース。  『ホール・イン・ザ・スカイ』は従来のサバス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真に邪悪なのは誰か?【ライヴ・イーヴル】ブラック・サバス

 中世の神話や黒魔術、物の怪や異形の者達・・・そういったテーマであれば、ナザレスよりぴったり来るのはこちらの方だろう。ブラック・サバス。  サバスについてはほとんど主要なアルバムは紹介済なので、今回取り上げるのは82年、ロニー在籍時のライヴ・アルバムを。  メンバー間の問題が常に起こっているサバスらしく、このアルバムがリリースされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ロック黄金期1973編]サバス・ブラッディ・サバス

 ゴスペルを利用したレオンよりも、キリスト教徒からすると、こちらの方が遙かに罰当たりな存在だろう。 ブラック・サバスの5作目。【血まみれの安息日】。 サバスの場合、評価が高いのは【マスター・オブ・リアリティ】や【4】の方だが、このアルバムも一般的にいわれるほどには悪くないと思う。 タイトル・ソング『血まみれの安息日』では、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セブンスターを訪ねて三千里~[出荷停止???]

やばい!! 今月末にはたばこの出荷が停止するということで、今日は買い物のついでに[セブンスター]を手に入るだけ手に入れようかなと・・・。決して買い占めじゃないよ!! まあ似たようなもんか  で、最初に行ったのは、近くの小さな薬局。さすがにセブンスターは売り切れていたものの運良く7個だけマイルドセブ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブラック・サバスのマスターピース②【Vol.4】

 さてサバスの作品として【マスター・オブ・リアリティ】と並ぶ傑作【Vol.4】だ。72年作。この頃サバスは爆発的な人気を誇り、【パラノイド】【マスター・オブ・リアリティ】ともに全米アルバム・チャートの上位に食い込んでいたという。一方でバンドの内情はアルコール・ドラッグまみれだったらしいが・・・。  『ウィールズ・オブ・コンフュージョン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラック・サバスのマスター・ピース①【マスター・オブ・リアリティ】

 以前【黒い安息日】と【パラノイド】は紹介していたので、今回はオジー時代の傑作を二枚。まずは71年の【マスター・オブ・リアリティ】。  現在俺が持っているのは、ストレンジ・デイズ・レコードから出された、ヴァーティゴ初回分の特殊ジャケを精密に再現した、いわゆるボックス・カバーという代物。  箱形のケースの上部のフタを開けて、そこから(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラック・サバス【パラノイド】

 ヘヴィなギターと不穏なサイレン、『ウォー・ピッグス』でオープニング。【パラノイド】は今聴いても十分にスリリングでカッコイイ!!  映画【アイアンマンⅡ】は全編AC/DCが使われていたけど、1作目の【アイアンマン】にはサバスの『アイアンマン』が当然のように使われていた。  『アイアンマン』この超スローでヘヴィなリフ、歌とギターとベー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

レコジャケ天国ハード・ロック編③【ブラック・サバス】ブラック・サバス

 写真家にして天才デザイナー、キーフが手がけた幻想的というか、禍々しい雰囲気を持ったジャケットアート。 サバスのアルバムでは【4】か【マスター・オブ・リアリテイ】の方がアルバムの内容としては上だと思うが、ジャケットアートの秀逸さで言うと、このファーストアルバムが一番だろう。赤外線フィルムを使って、独特な着色をするのがキーフの独特な方法…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

魂のボーカリスト死す!! ロニー・ジェイムズ・ディオ

 ある人のブログを覗いて、ロニーの死を知った。仕事が手に付かないそうだ。俺の場合そこまではいかない、つうか仕事シテネエシ。 ここのところ胃ガンで療養中だったらしい。  俺はメタルが特別好きな訳じゃないし、ロニーの熱心な信者でもないが、レインボーの歴代のボーカリストとしては一番好きだ。また、ソロ(自身のバンド、ディオ)時代は聴いていな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more