テーマ:バッド・カンパニー

Bad Company Live At Red Rocks

バドカンのライヴ、これで何作手に入れたかな?個人的には再結成後はミック・ラルフスの参加している【ウェンブリー・アリーナ】のヤツが一番好きかな? でもこれも悪くない。※CDとBlulayの二枚組。 ハワード・リースを中心としてサウンドもしっかり固まってきていて安定しているし、ポール・ロジャースのボーカルは高音はあくまで伸びやかで、例の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の1曲『ロック・ステディ』Bad Company

抗しがたい魅力・・・ロックには、もうリフだけで、持っていかれるような瞬間がある。 バッドカンパニーの『ロック・ステディ』なんかはそういった曲の一つ。  イントロのC~Am×2、G~Am~C~Am、C~Am。D~Cという展開のリフがAm~C×2。G~Am、C~Am×2、D~Cというふうに、リズムの反転するところがミソ!! これが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがたやっ!!【Bad Company Live 1977&1979 】

どういう経緯からこの作品が今頃発表されたかは定かではないが、とにかくこの時期のバドカンのライヴは以前からずっと聴きたかったので、嬉しいを通り越してありがたいって感じ。  2010年の再結成ライヴツアーはラッキーにも観られたが、オリジナル・メンバー4人の時代のライヴは体験していないので、どんな形であれこうして日の目をみたというのはやは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この一枚【バッド・カンパニー】デラックス・リマスターズ

 いやぁ、届いたよ!! バドカンのファースト。昨年の6月から始めた「オールタイム・ベスト」の1番目に選んだくらい好きなアルバム。  今回はB-sideやアウトテイクス、別テイクなどをディスク2に収めたデラックス・リマスターズで登場。 正直オリジナル・アルバムに収められていない曲は『リトル・ミス・フォーチュン』と『スーパースターウーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッド・カンパニー【ストレート・シューター(デジタル・リマスター)】

 やったぁ、これを待っていたのだ。バッド・カンパニーの1stと2ndがリマスターされて、さらにボーナス・ディスク付きの二枚組で登場!! 1stの方は残念ながら、俺が注文した段階では2~3週間待ちだったので、まだ入手していないが、まあそのうちじっくりと・・・。  で、このセカンドのデラックス・エディションを手に入れた一番の理由は、デ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豪華グレイト・ロッカー大集結①【ザ・ローヤル・セッション/ポール・ロジャース】

 大型連休前半の最終日いかがお過ごしでしょう・・・。俺はついさっきタイヤを取り替えに行って、まったりと過ごしている。  で、昨日届いたCDの山に囲まれて幸せ気分・・・その顔ぶれは・・・ポール・ロジャース、ロッド・スチュワート、リンダ・ロンシュタット、ロビン・トゥロワー、ジョン・フォガティ、ウェット・ウィリー・・・。  いずれも割と最…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もうひとつのバッド・カンパニー【カンパニー・オブ・ストレンジャーズ】

 [バッド・カンパニー]・・・直訳すると悪い仲間・・・まあ、悪友ってな感じだけど、黒人のスラングでは[BAD]は褒め言葉・・・。「いかす」とか「かっこいい」って意味に使われることが多い。ジェームズ・ブラウンの『スーパー・バッド』とかマイケルのずばり『BAD』ってタイトルからもわかるよね。  だからバッド・カンパニー・・・いかした仲間っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マーチャント・オブ・クール】やっぱ最高!!バッド・カンパニー

忘れもしない2010年10月25日、東京国際フォーラム。バッドカンパニーのライヴ。海外のアーティスト、しかもロックのアーティストのライヴはなんと30年ぶり位という、ライヴ出不精の俺が、なにがなんでも見たかったのがバッド・カンパニー。このときはすでに亡くなっていたボズ以外のオリジナル・メンバーが揃うというふれこみだったので、期待感は否が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーカリストとの相性②ジミー・ペイジ+ポール・ロジャース=ザ・ファーム

 ジミー・ペイジとポール・ロジャースが手を組んだ時・・・当然俺らロックファンはツェッペリン+バッド・カンパニーというある意味理想的なサウンドを夢に描いた。  しかし、実際はそうはならなかった。前回取り上げた【アウトライダー】から遡ること三年、1985年。 ツェッペリン解散後サントラ盤【デスウィッシュⅡ】や覆面プロジェクト「ハニー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DVD評 昨年の興奮が蘇る!!【ライヴ・アト・ウィンブレー/バッド・カンパニー】

 忘れもしない昨年の10月25日 東京国際フォーラム、初めてバッド・カンパニーを生で見た。とにかくもう一週間くらい前から興奮状態!! 全盛期のバド・カンを見逃している俺にとってはたぶん最後のチャンスでもあったし、バド・カン自体がこのタイミングで再結成ツアーで来日するということが、なんか運命感じたね。しっかりすべてのアルバム(ラフ・ダイヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに見たバッド・カンパニー!!(東京国際フォーラム)

エッ昨日(26日)はフリーの『ビー・マイ・フレンド』もやったの??(丈タケさんからの情報!!)悔しい!! 10月25日 東京国際フォーラム。ついに念願のバッド・カンパニーのライブを見ることが出来た。 開演前、ZZトップやドゥービー、フォガット、リック・デリンジャー、ボストンなどが掛けられていて、いやがおうでもテンションが上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バッド・カンパニー来日公演まで一ヶ月【バーニング・スカイ/バッド・カンパニー】

 バッド・カンパニーの来日公演、俺が見る予定は10月25日の国際フォーラムのコンサート。いよいよ見られると思うとテンション上がるなぁ。  さて、今回紹介するのはバド・カン4枚目の【バーニング・スカイ】76年作。曲間に関係のないインター・ルードが入っていることで評判はあまりよくないが、タイトル・ソングの『バーニング・スカイ』、『エブリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッド・カンパニー公演まであと一ヶ月!!【ラン・ウィズ・ザ・パック】

 待ち遠しいバッド・カンパニー日本公演。で、今回は彼らの3作目【ラン・ウィズ・ザ・パック】を。 『リブ・フォー・ザ・ミュージック』ウーン!!素敵な言葉だ。正にポール・ロジャースのためにあるような言葉。サウンドはシンプルでタイト。カッコイイ!! 『シンプル・マン』これもポール自身のことだろうな。ただの単純な男って意味じゃないよ。誠実な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Bad Company - 【ストレート・シューター】 Shooting Star -

 十月の来日公演が待ち遠しいバッド・カンパニー。 ファーストアルバムとデソレーション・エンジエルズについては以前に書いているので、今回は【ストレート・シューター】について・・・。  ファーストアルバムがかなり反響が有り、一躍スタータムにのし上がったため、セカンド・アルバムには過大な期待が寄せられたのだろう。ストリングスを入れた曲も有り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコジャケ天国ヒプノシス特集【デソレーション・エンジェルズ】バッド・カンパニー

 1979年作 オールド・ウェイブと呼ばれたパンク以前のロックが生き残りをかけて、しのぎを削っていた頃。 バッド・カンパニーさえも、レディオ・ライクなコンパクトでアメリカ指向が強いサウンドにシフトしていった。  しかし、ポール・ロジャースやミック・ラルフスの作る曲にはブリティッシュのエッセンスは不可欠の要素。 通算5作目のジャケッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやくバド・カンが見られる!!【Bad Compony/Hard Rock Live】

ついに10月本物の【バッド・カンパニー】が見られる。    1975年三月の初来日は残念ながら見られなかった。93年のポール・ロジャースの単独公演、これも見ていない。クイーンと一緒に来たときもテレビで観ただけ・・。  で、今年の4月ブログ始めてしばらくこのCDをアフィリシエイトのところに常駐させていて、4月22日にようやくD…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バッド・カンパニー『バッド・カンパニー』

 バッド・カンパニーは元フリーのポール・ロジャース(近年クイーンとの活動を続けていたが、めでたく関係を解消)、サイモン・カーク、元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス、元キング・クリムゾンのボズ・バレル(故人 残念!!)からなるバンド。それほどロックに詳しくない人でも、そこそこわかると思う。  デビューシングルの「キャントゲットイナ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more