ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

help RSS グラハム・パーカー&ザ・ルーモア【ライヴ・イン・サンフランシスコ・1979】

<<   作成日時 : 2012/09/03 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

これは前記事のイアン・デューリーのライヴDVDと前後して、アマゾンから入手したアーカイヴもののライヴCD。

時期的には【スパーク】発表直後のアメリカン・ツアーの時の音源。で、以前アルバム【スパーク】に関しては俺はあまり気に入っていないということを書いたのだが、『ディスカバリング・ジャパン』『ローカル・ガールズ』『ドント・ゲット・エキサイテッド』『パッション・イズ・ノー・オーディナリー・ワールド』『マーキュリー・ポイズニング』『ユー・キャント・ビー・ストロング』『ラブ・ゲッツ・ユー・トウィステッド』『サタデイナイト・イズ・デッド』『ノーバディ・ハーツ・ユー』『プロテクション』などほぼ全曲取り上げられているこのライヴでのテイクを聴く限りでは、それまでのアルバムのレパートリーの曲とほとんど違和感なく聴くことが出来た。

これはどういうことなのだろう? やはり、パーカーやルーモアはライヴを通して曲を練り上げていくタイプのミュージシャンということなのだろう。つまり、【スパーク】はアルバムの準備段階として十分にサウンドを練り上げる前にレコーディングに入ってしまったというのが、どうやら違和感の元凶であったようだ。

ライヴではこれらの曲の間に『サンダー・アンド・レイン』『バック・トゥ・スクールデイズ』『ヒート・トリートメント』『クリアヘッド』『ドント・アスク・ミー・クエスチョンズ』『スティック・トゥ・ミー』などおなじみの曲を上手く挟みながら、非常に盛り上がりの感じられるステージを展開。
ロサンゼルスの聴衆は非常にリアクションが素晴らしい!!※「ロックパラスト1978のドイツの連中もこのくらい盛り上がればね・・・」

ルーモア・ホーンズはいないが、ボブ・アンドリュースを含めたザ・ルーモアは非常に良い演奏を聴かせる。

終盤には『ソウル・シューズ』『アイ・ワンチュー・バック』『プアリング・イト・オール・アウト』『ニューヨーク・シャッフル』で完全燃焼!!
若干苦言を呈するとすれば、サウンドのミキシングのバランスが悪いこと・・・とはいえ、ブートレッグなどの音質に比べれば充分鑑賞に耐えうるものだし、なによりもご機嫌な内容だったので入手してよかった。

グラハム・パーカー&ザ・ルーモアのライヴ盤としては【パーカリラ】や【ナット・イフ・イト・プリーズ・ミー・・・BBCライヴ】と並んで愛聴盤になりそう!!











Live in San Francisco 1979
It's About the Music
2010-07-27
Graham Parker & The Rumour

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live in San Francisco 1979 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Not If It Pleases Me
Hux
1998-03-29
Graham Parker & Rumour

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Not If It Pleases Me の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Squeezing Out Sparks
Polygram UK
2001-08-28
Graham Parker

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Squeezing Out Sparks の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



STICK TO ME
Polygram UK
2001-02-15
GRAHAM PARKER AND THE RUMOUR

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STICK TO ME の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【日本版】ロックパラスト1978&1980~インタビュー日本語字幕付 [DVD]
ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
2012-07-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【日本版】ロックパラスト1978&1980~インタビュー日本語字幕付 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Parkerilla
Malibu
1999-05-18
Graham Parker & Rumour

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Parkerilla の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このライヴ盤は持っていないので買ってみようかと思いました。『スパークス』がパーカー評価の分岐点と思われるので、このライヴで再挑戦してみます。
ギニー・イン・ユア・ルーム
2012/09/08 11:38
このアルバムはご機嫌ですよ。あと上のアフィリシエイト二つ目のアルバムもBBCでのライヴ(パーカリラとほぼ同じ時期)でいかしてます!!
シュガー・シェイカー
2012/09/08 17:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
グラハム・パーカー&ザ・ルーモア【ライヴ・イン・サンフランシスコ・1979】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]