ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 蒸し暑さをぶっとばす【M.I.Uアルバム】ビーチ・ボーイズ

<<   作成日時 : 2015/08/11 16:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 暦の上では立秋を迎えたわけだけど、どうしてどうして夏真っ盛りだよね。
78年リリース。ノスタルジアとかじゃなくて、普遍の存在。ちっとも古くさく感じない。なぜかというとこの数年前に出てきたラモーンズは「ビーチボーイズを高速化したようなサウンド」だったし、俺個人としても遅まきながらビーチボーイズにはまっていたからだ。
 特別傑作アルバムというわけではないが、それまでの自分たちのサウンドの長所を見直して、実験性よりも大衆性をアピールしたのが、このアルバムなんじゃないかと思う。
 オープニングの『素敵なリズム』のいかしたメロディ。『カム・ゴー・ウィズ・ミー』やバディ・ホリーの『ペギー・スー』のシンプルなサウンド。
『コナ・コースト』のハワイ賛歌らしいたたずまい。バックコーラスにかつてのヒット『ハワイ』をさりげなく配する。
『ウォンチャ・カム・アウト・トゥナイト』・・・のオールディーズ感覚。
『スウィート・サンデー・カインダ・ラヴ』・・・これは素晴らしい。カールのボーカルもいかす。
『ベルズ・オブ・パリス』・・・これもほんのりとメランコリックなメロディがいい。
『ピター・パター』・・・マイク・ラブとアル・ジャーディンにぴったりのナンバー。
『マイ・ダイアン』・・・これもシンプルでポップな1曲。
『マッチポイント・オブ・アワー・ラヴ』・・・ビーチボーイズというよりもブライアンのソロに近い佳曲。
『ウィンド・オブ・チェンジ』正に夕方の浜辺をイメージさせるようなすがすがしさ・・・。
 てことで、ビーチボーイズのアルバムの中では普段滅多に聴かないアルバムだけど、たまに聴くといいね。










M.I.U. / L.A. Album
Capitol
2000-07-29
Beach Boys

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by M.I.U. / L.A. Album の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蒸し暑さをぶっとばす【M.I.Uアルバム】ビーチ・ボーイズ ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる