アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
パシフィック・ガス&エレクトリック〔パシフィック・ガス&エレクトリック〕
パシフィック・ガス&エレクトリック〔パシフィック・ガス&エレクトリック〕 69年、70年リリースのセカンドとサードの2in1。 以前ぼろぼろのアルバム(何作目かわからない)を古本屋で買って、なんかよかったな・・・と思って今回ゲット。 想像以上に泥臭いブルースロック。ボーカルはチャーリー・アレンという黒人。なるほど、ちょっとボブ・テンチ(第二期ジェフ・ベック・グループ)に似た声で俺の好み。 ギターはグレン・シュワルツという人で、これがなかなかよく泣くブルースギターでいいんだな。最近手に入れた旧譜の中ではダントツに面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 21:18
ザ・フロック【The FLOCK】・・・初期のアメリカン・プログレ
ザ・フロック【The FLOCK】・・・初期のアメリカン・プログレ 以前から気になっていたフロックというアメリカのプログレバンドのファースト。69年リリース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 21:22
ティモシー・B・シュミット新作【リープ・オブ・フェイス】
ティモシー・B・シュミット新作【リープ・オブ・フェイス】 ティモシー・シュミットについては、ポコの頃はいい曲を何曲も作曲していたのだが、イーグルスに加入後のソロアルバムではどうも妙にロック色を強めて一つも納得のいく作品は作れていなかったと思う。  しかし、今回の彼のソロアルバムはイーグルスという呪縛から解放されて、伸びやかでソフトなカントリー風味が蘇ってきている。ハードな曲もないわけではないが・・・。  これはいいよ。どこからか、今回のアルバムはいいよという情報が入ったわけではない。 ただ、なんとなく感が当たったという感じ。  いいね。やっぱり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 16:08
レコ・コレ増刊「洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑Vol.3」1978-1985
レコ・コレ増刊「洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑Vol.3」1978-1985 ようやく今日さっき買ってきた。 1978年というと俺は19歳、一浪して大学に入学した年。ここから怒濤のようにレコードを買いあさるようになる。 奨学金は授業料を除いてほとんどつぎ込み、アルバイトもレコード代稼ぎのために短期間で割のいいものだけ選んでやった。 もちろんそれまで手に入れられなかった過去の名盤を中心にそろえていったのだが、新しく出てくるアーティストやベテラン勢のその当時の新譜もリアルタイムで手に入れられたのは、本当にラッキーだったなと・・・。 俺が現在でも一番好きな... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/20 22:16
ブルース&ソウル・レコーズ付録の【ブルー&ロンサム】収録のオリジナル
ブルース&ソウル・レコーズ付録の【ブルー&ロンサム】収録のオリジナル ブルース&ソウルレコーズ付録CD 『ブルー&ロンサム』でカバーされた全12曲のオリジナルを聴く。 熱心なブルースファンならとっくに自分で作成して聴いているだろうが、ありがたいことにこの雑誌でしっかり解説付きでCDを付けてくれているので、自分でやるのはCDのジャケットや解説をチョキチョキやってプラケースに入れるだけ。いやぁこうして聴くと、ストーンズがいかにブルースに深く心酔してきたかと、彼らなりの解釈がわかって面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 17:58
レコード・コレクターズ3月号「ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生」
レコード・コレクターズ3月号「ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生」 レコード・コレクターズ3月号は「ブリティッシュ・ハードロックの誕生」ということで、久々にかなり面白そう。まだ全部は読んでいないが、「ブリティッシュ・ハードロック・アルバム選1966-1971」という記事でチェックしてみたら、俺が持っていないのはそのうち11枚だけ・・・。あとはすべて持っていた。 で手近にあったのを並べてみた。本当はクリア・ブルー・スカイ、オランウータン、スティームハマー、ガン、ハイタイド、ブルドッグ・ブリードなどなどまだまだあるはずなのだが、例によって整理整頓が悪く、見つから... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/16 12:32
【ロング・タイム・カミン】ザ・ロンドン・カウボーイズ
【ロング・タイム・カミン】ザ・ロンドン・カウボーイズ ダルでルーズなロックンロールが、いかす! ロンドンカウボーイズ このベスト盤1枚しかないけど、十分だね。ニューヨークドールズやジョニー・サンダース、ハノイ・ロックスとか好きならOkでしょ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 14:56
こんなにいかしていたなんて【ザ・ブラックバーズ】
こんなにいかしていたなんて【ザ・ブラックバーズ】  もっと早くチェックしておけばよかったな。名前だけは知っていたけど、ずっとスルーしたままだったブラックバーズ。 1曲目の『ドゥー・イット・フルイド』のクールでホットなグルーヴ。いやぁカッコイイ!! 勝手な思い込みでもっとジャズっぽいのかなと思っていたのだが、何のことはないゴリゴリのファンクじゃないか。 74年リリースのデビュー作。 育ての親ともいうべきドナルド・バードから指導を受けて、まだ大学生だった彼らはモントルー・ジャズ・フェスの時にドナルド・バードのバッキングを務め、本格的にデビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 10:08
【エクスプレス・ユアセルフ】チャールズ・ライト&ザ・ワッツ
【エクスプレス・ユアセルフ】チャールズ・ライト&ザ・ワッツ  正式には「チャールズ・ライト&ザ・ワッツ・103rdストリート・リズム・バンド」という長ったらしい名前のグループ。 詳しいことはわからないが、チャールズ・ライトをリーダーとするボーカル・インストゥルメンタル・グループらしい。  まったく聴いたこともなかったが、五枚組のボックスをネットで見かけたら、なんかピンと来たんだよね。 正に正解!! 単にグルーヴィーなだけでなく、サザンソウルに通じる泥臭さもあって俺の好みにぴったり!! これはちょっといい買い物したかも・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 14:10
テンプテーションズ【スカイズ・ザ・リミット】
テンプテーションズ【スカイズ・ザ・リミット】  エディ・ケンドリックスが参加した最後のアルバム。71年リリース。ストーンズもカバーした『ジャスト・マイ・イマジネーション』収録。 やっぱりこの曲ダントツに素晴らしいね。この曲をカバーしたストーンズのセンスに脱帽!!  あとの曲もなかなか・・・。プロデュースはノーマン・ホウィットフィールド。  それほど派手なアルバムじゃないけど、しっとりといい感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/08 20:31
ベスト・オブ・ブランズウィック〔グループ編〕
ベスト・オブ・ブランズウィック〔グループ編〕  これはちょっといいね。ブランズウィック・レーベルのコンピレーション。 シャイ・ライツ〔チャイ・ライツ〕、ダイレクションズ、ロスト・シェネレーション、アーティスティックス、シャネル3、ビジターズなどなど・・・。シャイ・ライツ以外はほとんど名前も聞いたことのない人たちが多いけどシングル・オンリーの曲もあるというので、これは結構貴重かも・・・。  珍しいところではカカウント・ベイシー・オーケストラの「ハング・オン・スリーピー」のカバーなんてのもあるけど、全体的にブランズウィックならではの躍動感と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/08 15:44
レニー・クラヴィッツ「ライヴ・イン・パリ2014」WOWOW
レニー・クラヴィッツ「ライヴ・イン・パリ2014」WOWOW もうレニー・クラヴィッツは十分にロックとしてスタンダードな存在になったという・・・だから何か新しい刺激を求めなくても、十分にスリリングだし、カタルシスもばっちり感じられる。  特にライヴの場所は彼が言うようにオーディエンスからパワーを受け取れる場所なんだと思う。 このライヴを観ていると正にそれが実証されている感じ。   https://youtu.be/DK3vJL9V398 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 14:43
エイミー・マン【ロスト・イン・スペース】
エイミー・マン【ロスト・イン・スペース】 いやぁこれはいいな。リリースは2002年。正直2000年以降の新譜についてはよっぽどのことがない限り、購入しないんだけど(ベテラン勢の新作を除いて)。これは素晴らしい。 まあ、エイミーももはやベテランか・・・。 男性シンガー達がとっくに失った70年代シンガーソングライター的なスピリットをエイミーはまだ保っている感じ!! そういえば俺が気に入るような男性アーティストは、ヴィンテージ・トラブルとテンペランス・ムーヴメント以外一つも出てこないな。女性アーティストの方が機を見るのに優れている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 10:20
TOTOへの東海岸からの回答??【ブレイキング・アウェイ】バランス
TOTOへの東海岸からの回答??【ブレイキング・アウェイ】バランス  ペピィ・カストロ(ボーカル)、ボブ・キューリック(ギター)、ダグ・カッサロス(キーボード)の三人組。 リズム隊はいないので、アンディ・ニューマークとウィリー・ウィークスという強力なメンツを参加させてレコーディングに望んだという。81年リリース。  なるほどハイトーンをいかしたボーカルとドラマチックなハードロックそしてシティ感覚を融合したAORは、正に東のTOTO。 しかし、いかにも流行り物のために急造された感はあるな。 因みにボブ・キューリックは一時期キッスのメンバーであったブルース・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 23:00
グレンフライ、J.Dサウザー【ロング・ブランチ・ペニー・ホイッスル】
グレンフライ、J.Dサウザー【ロング・ブランチ・ペニー・ホイッスル】 正に待望のCD化。一足先にドン・ヘンリーの「シャイロー」は入手していて、楽しませてもらった。 J.Dとグレンがそれぞれイーグルス、ソロでデビューする前の70年にAmos Recordsからリリースした唯一作。  これはいいね。当たり前のことだが、イーグルス、J.Dのソロの後のひな形になるような内容。悪くない。 バッキングにもジェームズ・バートン、ジム・ゴードン、ライ・クーダー、ジョー・オズボーン、ラリー・ネクテルなど一流どころが参加。  後にイーグルスで完成する完璧なコーラスワーク、カン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 17:42
「ラフ・アンド・レディ」SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション
「ラフ・アンド・レディ」SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション ベックのクアドラフォニックさらに5.1チャンネルのサラウンド・ミックスのシリーズも今作がいよいよ最後。 何でリリース順がこうなったのかはよくわからないが、まあ良かったかな? このシリーズについては値段が高過ぎるという声をよく聞くが、ではミニポスターだとか、様々なオマケをなくして普通のプラケースで安く売ったらどうかということになるけど、それじゃあ、パッケージ的につまらないのではないだろうか。 アナログのレコードでも音的な魅力の他に、パッケージとしてのジャケットの魅力もあるわけで、今回の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 13:11

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

ゴーイング・バック・ホーム 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる