ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS プレイ・バック名盤B【ルッカ・パイ・パイ】ミーターズ

<<   作成日時 : 2018/07/10 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このなんとも言えないセカンドライン・ビートのリズム。間の取り方が独特で、なんかそぞろ歩いていて、時々立ち止まるって感覚を覚えるのは俺だけか?
【Look-Ka Py Py】ノセンテリのギター、アート・ネビルのハモンドを中心とするキーボード。そして一見楽そうに思えるジョン・モデリステのドラムス、ジョージ・ポーターのベース。
 とにかくこの四人でなければ決して生まれなかった化学反応。
ブックレットの中に気になる記述を見つけた。「ゼイ・ワー・ノー・ロンガー・フェイスレス・ファンクスター」。
なるほど顔の知られていないファンクスターとはなかなかぴったりした表現だなと。
俺は彼らを筋金入りの「ファンク職人」だと思ってるけど。