バッド・カンパニー『バッド・カンパニー』

画像
 バッド・カンパニーは元フリーのポール・ロジャース(近年クイーンとの活動を続けていたが、めでたく関係を解消)、サイモン・カーク、元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス、元キング・クリムゾンのボズ・バレル(故人 残念!!)からなるバンド。それほどロックに詳しくない人でも、そこそこわかると思う。
 デビューシングルの「キャントゲットイナフ」が大ヒットしたので、大体70年代に洋楽を聴いていた世代にはすぐ話しが通じるが、残念ながらセカンド以降はあまり聴いていないという人が多いのではないだろうか。確かにファーストアルバムには、前述の「キャントゲット・・・」の他にも「レディフォーラブ」「ロックステデイ」など名曲が多い。しかも、セカンド以降、アルバムを重ねるごとにサウンドがアメリカナイズされていったのは事実であるから、ブリティッシュ好きのリスナーほど、セカンド以降は認めない傾向が強い。俺の場合は、セカンド以降も好きだし、未だにストレート・シューターやランウィズザパック、バーニング・スカイ、ディソレーション・エンジェルまで愛聴している。
さすがに、ラストアルバム(オリジナルメンバーでの)のラフダイヤモンズはアナログも売っちゃったし、CDで買いなおそうか迷っている。
 話を戻して、このファーストアルバムについてだが、曲の構成や1曲目から3曲目までの怒濤の3連発、これがかっこよ過ぎる。やっぱ「キャントゲット・・・」の後半まで聴いていると、続けて「レディフォーラブ」を聴きたくなるし、「レディフォーラブ」を聴くと続けて次の「ロックステデイ」に繋がらないとなんかしっくりこない。良い楽曲が揃っているということでは、セカンドアルバム『ストレート・シューター』も負けていないと思うのだが・・・。まあ、聴きこんで行けば、セカンド以降のアルバムも捨てたもんじゃないと気づくはず。
ともかく、1曲目~3曲目までの流れは凡百のバンドが束になってもかなわない位スゴイ。
バッド・カンパニーやフリーを聴いた事のない人は、是非このファーストアルバムを聴くことをおすすめする。ソウルやR&Bが好きな人もきっと気に入るはず。そういえば最近ボズはいないが、残りのオリジナルメンバーによる再結成ライブがCDで発売された。これは絶対チェックしなきゃ









イン・コンサート [DVD]
EMIミュージック・ジャパン
バッド・カンパニー

ユーザレビュー:
バドカンの歴史に輝か ...
現役バリバリよくある ...
歌=心=P・ロジャー ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ライヴ・アット・ウェンブリー【日本語字幕付】 [DVD]
日本コロムビア

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライヴ・アット・ウェンブリー【日本語字幕付】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • バッド・カンパニー 2

    Excerpt: NO.01161 バッド・カンパニーのデビュー・アルバム『バッド・カンパニー』(1974年) 「こんにちは、クイー、あっ!フリ、いえ、バッド・カンパニーのポール・ロジャースです」 「.. Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2010-09-04 08:07