80年代洋楽再考 その③ ソウルのエレクトロ・ポップ化 プリンス

 さて、俺にとって80年代の象徴となる存在は断トツでプリンス。実は最初から注目していたわけではない。デビューが1978年だが、ラジオで渋谷陽一がプリンスが凄いという話をし始めたのが1982年ころ。『1999』というアルバムが出たら俄然面白くなってきた。
 洋楽全般としては、ポストパンク、ニューウェイブの時代に入り、ニューロマンティックやらファンカラティーナやらが騒がれていた。
 80年12月8日一生忘れられない日、ジョン・レノンが理不尽なファンに射殺された。テレビやラジオでの報道は勘違いも甚だしく、ジョンをただ愛と平和の人として扱い追悼番組の大半もビートルズの話題ばかりが多かった。俺は早々にテレビを消し、ラジオもつけずにジョンのソロアルバムを次々に聴いた。もちろん『ダブル・ファンタジー』もヨーコの曲はとばして・・・。
 話がそれたが、80年代はジョンの不在から始まったという印象が強いので・・。「その前だってずっと作品は作っていなかったじゃないか。」って言われるかもしれないけど、ハウスハズバンドとしてのニュースでもとにかくこの世にいてくれればそれで良かったのだ。
エレクトロニクスの急成長に伴って、イギリスから次々に期待の新人達が現れた。デュランデュラン、カルチャー・クラブ、ヒューマン・リーグ、シンプル・マインズ、ユーリズミックス、ポリス、ザ・キュア・・・。
 アメリカでは、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、ブライアン・アダムス、ジョン・クーガー、シンディ・ローパー、マドンナ・・・。
 そして70年代から活躍していたアーティストも、80年代のサウンドを羽織って70年代までのキャリアをさらに拡大しようと躍起になっていた。スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、エアロスミス、そしてストーンズまでも・・・。
 英国勢の進撃は思いの外大きく、第二の「ブリティッシュインベイション」などと呼ばれたが、アメリカ勢でそれに対抗出来るのは、商業的に考えてもマイケル・ジャクソン一人だった。
 俺はマイケルも大好きだったが、『ロック的に』夢中になるほどではなかった。もうスリラーは聴きたくないというほどマイケルの歌はあちこちにあふれていたから。耳にタコ状態だったのだ。
 ここでようやくプリンスの話ヘ。ベストヒットUSAでは常連だったので、動く殿下の姿は良くみていたが、最初はうぬぼれの強いただのナルシストだと思っていた。
 しかし、1984年発表の『パープル・レイン』から熱狂的なファンになった。彼が粋がったり、人を小馬鹿にしたような態度をとるのは、強い人間不信と屈折した成長過程に原因がある事も後に知った。
 また、必要以上に自分の容姿を気にしたり、おおぼらを吹くのは、実は黒人音楽の歴史では伝統的な事。ジェームズ・ブラウンやチャック・ベリー、リトル・リチャードなどの先人を真似ていることがわかった。
 では彼の音楽の革新的な事はなんだろうか。まず、宅録が高じてデビューしたこと。つまり、バンドを組む前にすでに様々な楽器が弾ける(叩ける)素養があった事、ダンスやステージでの振り付けも完璧にこなすこと。デビュー時に自分のレコードをプロデュースする権利を持っていた事。つまり、あらゆる実験を許される存在であった訳である。
 彼以前に黒人アーティストで自分でプロデュースする権利を許されていたのは、スティービー・ワンダー位だった。
 しかもプリンスの場合、そのジミ・ヘンを彷彿とさせる容姿と派手なギタープレイと中性的なボーカルから黒人版のデビツド・ボウイ的なとらえ方もされていたと思う。
 エレクトロニクスをふんだんに使った曲作りと派手な演出のステージ、ジェームズ・ブラウンばりのダンス、リトルリチャードばりのシャウト、サンタナとジミ・ヘンを足して二で割った様なギタープレイ、独特なファッション。正に新時代のロックスターにふさわしかった。その後も『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』『サインオブタイムス』『パレード』など快進撃を続けたが・・・。続きは明日また書こう。



 
パープル・レイン
ワーナーミュージック・ジャパン
2005-05-25
プリンス&ザ・レヴォリューション

ユーザレビュー:
プリンス史上、最も《 ...
青春を狂わせてくれた ...
永久保存版ですとにか ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






レイヴ・アン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック
アリスタジャパン
アーティスト・フォーマリー・ノウン・アズ・プリンス

ユーザレビュー:
歌う喜び、音楽を作る ...
快。 久しぶりだから ...
本格的な80年代リバ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

K
2010年05月10日 17:08
先ずはパープルレインあたりから見直そうかな。以前にギャラリーで見せて貰ったけどね。今度はBDで見てみよう。

この記事へのトラックバック