ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS レコジャケ天国Sロジャー・ディーン特集(最終章)最高のコラボ【イエス】

<<   作成日時 : 2010/06/12 08:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 さてロジャー・ディーン特集もいよいよ最後となった。本当はまだまだ俺が持っているレコード、CDで彼の手がけた作品はいくつかあるのだが、いったん終了とする。『レコジャケ天国』では他に取り上げたいテーマ、アーティストがまだごまんとあるので・・・。つってもこの企画あまり人気ないみたいで、コメント来ないなぁ。プンプン!!
でもめげずに続けていこう。なんたって『ミュージック・アート・ギャラリー』の館長なんだから・・・。
 イエスといえばロジャー・ディーン、ロジャー・ディーンといえばイエスというくらい、深い絆がある。イエスについてはもう説明不要なくらいだろうが一応簡単に紹介すると・・・。
 クリムゾン、フロイドと並んでプログレ御三家の一つ。シンフォニック系のサウンドとコーラスワークの素晴らしさは御三家の中でもぴかいち。
 イエスのアルバムでは4枚目のアルバム『こわれもの』(Fragile)から、アートワークをロジャー・ディーンが担当。
バンドのラインナップも正に黄金期を迎え、高度な演奏技術と楽曲の良さを、ロジャー・ディーンのアートワークがいっそう引き立てヒット。以後『危機』(Close To The Edge) 『Yessongs』『海洋地形学の物語』『リレイヤー』まで両者の蜜月時代は続いた。途中若干のメンバーチェンジはあったものの、音楽的にはピークを迎えていた。
バンド内のゴタゴタと合わせるように、いったんロジャーとの関係も終了。なんと次のアルバム『究極』のアートワークはピンク・フロイド等で知られる【ヒプノシス】が担当した。
 ロジャーとは1980年の『ドラマ』から関係が復活。毎回ではないが、作品を提供し続けている。ただ黄金期に比べると若干マンネリ気味。イエスのサウンドの方も『90125』(ロンリー・ハート)以外は革新的なサウンドを作れなくなっている。まるでロジャーのアートワークに呼応したかのように・・・。
では、黄金期の作品を5枚まとめて紹介しよう。
Fragile
Rhino
2003-02-03
Yes

ユーザレビュー:
プログレ宇宙に突入。 ...
YES、黄金期突入K ...
やっぱりイエスはこれ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



Close to the Edge
WEA Japan
2003-08-25
Yes

ユーザレビュー:
イエスの最高傑作イエ ...
もはやプログレのクラ ...
キリストと関係してい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



イエスソングス
ワーナーミュージック・ジャパン
2010-05-26
イエス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



Tales from Topographic Oceans
Rhino/Elektra
2003-08-25
Yes

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



Relayer
Warner Bros.
2003-08-25
Yes

ユーザレビュー:
危機に匹敵する錯乱の ...
プログレッシヴロック ...
愛聴盤。個人的にはイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レコジャケ天国Sロジャー・ディーン特集(最終章)最高のコラボ【イエス】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる