人はなぜ傷つけ合うのか【シザーズ・カット】アート・ガーファンクル

 人はなぜ傷つけ合うのだろう。知らずしらずの内に人は人を傷つけてしまう。

アート・ガーファンクルの傑作アルバムのタイトルソングはこんな感じである。
 
みんなのやってることは
 
子供の遊びと同じさ

君は未だに

ぼくを炎の中から探しだすつもりかい

◎はさみは紙をカットし、紙は石をつつむ

そして石ははさみを欠けさせる

君はぼくを傷つけ、ぼくは彼女を傷つけ

彼女は彼を悲しませる

それぞれがお互いを傷つけ合う男女の関係をじゃんけんに例えたジム・ウェッブの作品

アート・ガーファンクルの歌った曲の中で一番好きなのはファーストアルバム(天使の歌声)に納められている『トラベリン・ボーイ』という曲だが、アルバム単位でいうと【シザーズ・カット】が一番好きだ。
 タイトルソングはモチロンだが、アートのニューヨークへの愛がたっぷり詰まった『ハート・イン・ニューヨーク』も本当に名曲。この曲を作ったギャラガー&ライルというデュオがイギリス人だというのがまた、面白い。(元マクギネス・フリント)。まるでアート自身が作った曲のようにしっくりくるナンバー。
 どれもアートの抜群の歌唱が聴けるのだが、『アップ・イン・ザ・ワールド』の崇高なまでの歌いっぷりや、ポール・サイモンがゲスト参加してバック・コーラスを聴かせる『イン・カーズ』は鳥肌が立つほど素晴らしい。これもジム・ウェッブの作品。いったん曲がフエィド・アウトして数秒ポール・サイモンが得意とするような全く違うフォークソングの様なフレーズが出てきてニヤリとさせられる。憎い演出。
 日本でシングル・カットされ、大ヒットとなった『北風のラストレター』(ハング・オン・イン)アップテンポのちょっと歌謡曲乗りのナンバー。
そして俺はニコレット・ラーソンのカバーで先に知った『フレンチ・ワルツ』。これもお気に入りの曲。アコーディオン(バンドネオン?)も良い味を出している。エリック・カズのラブ・バラード『ロマンス』もアートにぴったりの曲だ。
ああもう、全曲素晴らしすぎる。もしもあなたがサイモンとガーファンクルが好きなら、絶対一度聴いてみた方がいい。きっと夢中になれるアルバムだろうから・・・。




せっかくなので『トラベリング・ボーイ』も載せときます。正に天使の歌声!!



Scissors Cut
Sbme Special Mkts.
2008-04-01
Art Garfunkel

ユーザレビュー:
懐かしい高校時代によ ...
奇跡の傑作断じて佳作 ...
名曲 北風のラストレ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Scissors Cut の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



天使の歌声
Sony Music Direct
2004-02-25
アート・ガーファンクル

ユーザレビュー:
名曲は、いつの世も名 ...
相変わらずのエンジェ ...
アートは最高の表現者 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天使の歌声 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

まり
2010年08月28日 14:42
こんにちは! ロック仙人TFさん
私もアート・ガーファンクルの天使の歌声大好きです!!
一枚しか持ってないけど、「ソー・マッチ・イン・ラヴ」「All I Know」とかいい曲ですよね!

夏の終わり癒されたいときにピッタリとはまります♪

この記事へのトラックバック