映画『BECK』の主題歌オアシスとレッチリだって??おかしくねぇ??

 久しぶりに憤っている!!映画『BECK』のテーマソングにレッチリの『アラウンド・ザ・ワールド』とオアシスの『ドント・ルック・バック・イン・アンガー』が使われているのだそうだ。なんで自前の曲使わないわけ???
俺はオアシスもレッチリも大好きだけど、こういう使われ方はちょっと納得いかねぇ。普通の映画で洋楽が使われるんだったら、良く許可がおりたなぁ位で済むんだけど・・・。
 原作の漫画何回かだいぶ前に見たけど、『BECK』てさぁ、バリパリの日本人バンドじゃん。それも現代の・・・。
だったら日本人の誰かに頼んでテーマ曲、オリジナルで作って勝負でしょうよ。
 
 なんか洋楽っていつもこんな扱いなんだよな。で、あきれたことにインスパイア・アルバムなるものまで発売するんだって・・・。納められているのは前述の2曲の他に、ジミ・ヘン、ジャニス(ムーブ・オーバー)、ディラン(サブタレニアン・ホームシック・ブルース)、クラッシュ(アイ・フォウト・ザ・ロウ)など、さらにボーナス・トラックでオアシスの『アイ・アム・ザ・ウォルラス』(これもオレ最近ブログで取り上げてる)だって・・・。オイオイ勘弁してくれよう・・・。
 これ作者のハロルド作石氏の選曲なのだろうか? だとしたら、相当おめでたいか、計算高いのか?
『インスパイア・・・』ってことはオリジナル・サントラは作らないってことだよね。
 なんかヘンじゃないか? バンドのストーリーだったら、きちんと日本語のオリジナルの曲使うか、下手でも良いからカバー・ヴァージョンやっとけば??? 結局これって、J-ロックはだめだって認めてるような気がしない?(実際ダメだけど)こういうこと、原作のファンはどう思っているのだろうか?違和感感じないのか?

なんだか、ますますこの国の音楽業界に危機感を感じるね。上の『インスパイア・アルバム』は何万枚も売れるのだろうか? せいぜいテーマ曲に使われた2曲がダウンロードされて終わりだろう。もしも『インスパイア・・・』に選ばれたようなアーティストのCDが爆発的に売れたら別だけど、これは結局話題作り以外の何者でもない。どうせタイアップするなら上記のアーティストのCD全部半額で売るとか、そのくらいして欲しいものだ。俺は全部持ってるけど!!
そもそも、洋楽をテーマ曲に使う意図がわからない。極平均的な日本人のバンドの成長物語なんだったら、ますます日本語のオリジナル曲をテーマにすべき、本人達がだめだったら口パクでも何でも良いじゃないかって思う。
 このインスパイアアルバムをきっかけにして、かつての黄金時代のロックを聴く人がどれだけ増えるというのだろう。
なんか、逆に『BECK』の宣伝になってきたみたいだな。あとやめとこう。見てもいない映画のコトけなしてもね・・・。
 まぁ大人の都合ってやつなんだろう。せいぜい踊らされてればいい。
 ごく最近『ジャパニーズ・ロック・インタビュー集』(越谷政義 監修 TOブックス)ていう本を読み終わったばかりなんだけど、音楽業界の人たち(レコード会社も含めて)にこそ読んでもらいたい。もしも、音楽業界の人たちに音楽愛があれば、なにが大切かきっと伝わると思う。

ジャパニーズ・ロック・インタビュー集~時代を築いた20人の言葉~
ティー・オーエンタテインメント
越谷 政義

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャパニーズ・ロック・インタビュー集~時代を築いた20人の言葉~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

BUN
2010年09月04日 13:38
同感です!!!!!!!!!!!
「BECK」という超ネームバリューのあるタイトルを使っておきながらオアシスとレッチリ・・
バンドのイメージとも違うし・・
がっかりどころか怒りを覚えます。
2010年09月04日 13:59
なるほどねぇ~
『BECK』は生徒も読んでいますが
私は遠慮していました
普通ならすぐ借りるのですが
「デトロイト・メタル・シティ」とか 笑
仙人さんのを読んで
やっぱり借りなくて良かったと思っちゃいました

それにしても
若い人たち
Jポップも良いけれど
そのルーツを探るようなことはしないですね
我々どんどんさかのぼって
マディやロバート・ジョンソンなんかまで
行ったモノですが・・・
丈-take-
2010年09月07日 23:26
日本人にしか出来ない解釈で生まれた素晴らしいロック・ミュージックは沢山あるのにね・・・悲しいですな~何だか。『BECK』読んでないです。絵が五感に来ないです(笑)
和洋両者に敬意が感じられないですよね、この楽曲のピック・アップの仕方って。やる気無いんでしょうね、きっと。怒りよりも、悲しみです、これは。 
Chick
2010年09月18日 21:34
う~んオアシスファンとしてはオアシスの曲が使われるのは嬉しいんですが、レッチリと並べるな!!って思います。なんかミーハーっぽいから。アメリカとイギリスっすよ。音楽性違うんすよ。それを同じ映画のOPとEDに使うなんて・・・てか、BECKの名を語るな。BECK全然関係ないし。だれが曲決めたか知らないですけど、仙人さんの言う通り、洋楽をテーマ曲に使う意味ないと思いますよ。インスパイアアルバムの選曲も意味分からん。(ドンルクが一曲目なのは許す。)まだ映画見てないですけど、結局イケメンが出るだけでお涙ちょうだいで終わるような映画なんだったら(`Δ´)!!

思うことがたくさんあったんでたくさん書いてしまいました。すみません。不適切だと思ったら削除してください。
2010年09月18日 22:23
Chickさん、コメントたくさんありがとう。全然不適切じゃないよ。この記事の参照数300超えたよ。びっくりです。それだけ反響があったということだから、これから似た音楽映画作られるときには、もう少し関係者も考えると思うんだけど・・・。
Chick
2010年09月19日 21:29
水を差すようなんですが、今日、新星堂にいったんですがサントラも売ってました。インスパイアアルバムの横に置いてありました。つまりこれは、「2倍に儲けよう作戦」だと思われます(笑)私はThe ClashのLondon Callingだけを買って帰りましたw
2010年09月19日 22:21
そうか、だったら最初からサントラの方を先に宣伝すべき、でオアシスとかは挿入歌扱いにして、あとでインスパイア・アルバムを売るって方法にすればよかったのに・・・。俺がレコード会社の担当か映画のプロデューサーならそうするけどね・・・。ロンドン・コーリングの記事も書いてるょ~
2010年09月20日 20:54
家の「BECK」ファンの息子は、「BECK」のマンガでロックの勉強をしたようなヤツなので「アニメは認めるけど、映画は絶対に見に行かん!!もともとBECKはあんなビジュアル系バンドじゃないし、大体ギターも弾けん役者を使うなんて何考えとるんだ~!!」と怒っておりました。

「デトロイトメタルシティー」は、役者さんがうまくて面白かったけど…
2010年09月20日 21:54
ホントホント。『デトロイトメタルシティ』はきちんとそれように全部オリジナルの楽曲作ったんだよね。
あのくらいばかばかしいと面白いんだけど・・・。息子さんヒャクパー正しい!!
Chick
2010年11月14日 14:53
この間、結局友達と観てきたんですが、まあお涙ちょうだいでしたね。もちろんコンピも買わなかったですしサントラも買いませんでした。なんか、悔しいです。あれにドンルクが使われたのかと思うと。逆に。「BECKの主題歌」で終わるような曲じゃないのに!!TΔT劇中でBECKっていうバンドが作った曲が2曲出てくるんですが、片方は口パクっていう。そのうえリアムの歌い方パクってるし。結局友達にoasis貸したりしましたが、曲名さえ覚えてくれません。やっぱにわかファンが増えただけですよね。
オブパワー
2011年06月07日 01:00
BECK好きで読んでましたが、映画のこの選曲は『納得』でした。だってどう見たってBECKはレッチリそのもの、つーか作者絶対レッチリ好きだろ!って読んでて友達と話してた程でしたから、全然違和感ありませんでした。むしろレッチリへのオマージュでは??時期外れのコメントすみません
2011年06月07日 19:55
オブパワーさん、そういうことではなくて、なんで全編オリジナルの曲使わないのかってことだよ。評判を得るために、洋楽使うなってこと!!

この記事へのトラックバック