アンディ・フレーザー+クリス・スペディング【シャークス/ファースト・ウォーター】

ジャケットカッコイイ!!こういうの中身わかんなくても買っちゃうよ!!
 
 さて、【フリー・アット・ラスト】で再び空中分解したフリー。アンディが次に手を組んだのは、それまでジャズ・ロックフィールドで活動していたが、シンプルなロックに目覚めた?クリス・スペディング。リーゼントに皮ジャンや50'sファッションに身を包みすっかりロッカー然とした風貌に変貌、オールド・ロックファンを驚かせた。そのテクニックと容姿を気に入られてロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーのソロ活動にも貢献。一緒に来日もしました。
 さてそのスペディングとアンディ、そこにスニップスというこれまた個性的なボーカリストが参加。どちらかというとポール・ロジャースよりロッドに近いシオガラ声。俺はこういう人も大好き。
アンディはベース、ピアノ、ソングライティングでかなりの貢献。しかしスペディングやスニップスの書く曲とはちょっと違う路線。
結果、アンディはこれ一枚で脱退。自らの名前を冠する[アンディ・フレーザー・バンド]を結成。シャークスはこの後もう一枚アルバムを制作。そちらもブリテイッシュ・ロックの隠れた名盤といわれています。
※因みにこういうニッチでディープな一枚はカケハシ・レコードさんでよく見つけます。





画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック