ロック御三家【クイーン/世界に捧ぐ】

 エアロに続いてクイーン
【世界に捧ぐ】(News Of The World)。スタジアム・ソングの最高峰『ウィー・ウィル・ロック・ユー』~『ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ』の強烈な2連発!!自分達でチャンピオンズなんて言っちゃうもんね。(笑)
『ウィー・ウィル・ロック・ユー』は【ライブ・キラーズ】のファスト・バージョンもカッコイイ!!
3曲目の『シア・ハート・アタック』はバンク・ニューウェイブを意識したような佳曲。
『オール・デッド、オール・デッド』や『メランコリー・ブルース』はフレディーのメランコリックな部分が全面に押し出されたナンバー。ブライアン・メイによるギター・オーケストレーションもまだまだ健在。
 
クイーンの基本的要素はツェッペリンとビートルズの融合。『スプレッド・ユア・ウイングス』『ゲット・ダウン、メイク・ラブ』を聴くとよくわかる。『ゲット・ダウン・・・』は何か『カム・トゥギャザー』みたいだよね。
『ファイト・フロム・ザ・インサイド』ロジャーのボーカルを生かした曲ではツェッペリン的なハード・ロックの要素が強くなり、それもクイーンの魅力の一つになっているのだ。
冒頭にあげた『ウィー・ウィル・ロック・ユー』はコンサートで観客と一緒に歌ったり、手拍子で盛り上がる曲が欲しくてブライアンが思いついたのだそうだ。
 あと好きなのはクイーンにしては珍しいシャッフル・ブルース『スリーピング・オン・ザ・サイドウォーク』。ブライアン・メイってけっこうブルージーなギターもいけるよ!!

【オペラ座の夜】や【シア・ハート・アタック】に比べるとアルバムとしては地味だけど、わりと好きなアルバム。
まあ冒頭2曲のためだけに買っても損はないと思うけど・・・。










News of the World
Parlophone
1993-09-27
Queen

ユーザレビュー:
ベースの人ベースの人 ...
ようこそQUEENの ...
主導権はブライアン・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by News of the World の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年11月05日 23:02
仙人さま、こんばんは~!
たとえブライアンがブルージィにプレイしても
ロジャーの太鼓が弾まない(重すぎ。笑)のと、
フレディの歌がペンタスケールに聴こえてこない
ので、どうしても縦ノリロックになってしまう。
そういうところも大好き。(笑)
「世界に捧ぐ」では代表曲2曲は別として
「It's Late」を本命◎に推します!
2010年11月05日 23:19
らいあさん、コメントありがとうございます。もう一度ききなおしてみますね。『イッツ・レイト』ですか。ノーマークでした。
LA MOSCA
2010年11月06日 16:20
クィーンかぁ・・・。
曲は好きだけど個人的には“ロック・バンド”ってカンジがしなくて。
優れたポップ・グループって気がしちゃう。
あくまで個人的な意見ですが。
ポリスにもそんなイメージありますね。
「ウィー・ウィル・ロック・ユー」はライヴでの通常演奏バージョン?もカッコイイですよね。
2010年11月06日 22:27
クイーンは確かに優れたポップ・グループとしての資質が強いですね。彼らは[ビートルズの遺伝子]を継いだバンドの一つ、あと最後のグラム・ロックって要素もあるんじゃないかと・・・特に初期の頃は。

この記事へのトラックバック

  • クイーン 12

    Excerpt: NO.01038 クイーンのオリジナル・アルバム『世界に捧ぐ』 (1977年) 「クイーンと合体したい」 とジャケの滑稽な顔のロボットが言ってるわけ無いのは、握り潰 ... Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2011-04-20 16:04