ゴーイング・バック・ホーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 正当な評価はいつになるのか【ワン・フォー・ザ・ロード/キンクス 】

<<   作成日時 : 2010/11/12 09:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

一般的にブリティッシュ四大バンドというとビートルズ、ストーンズ、ザ・フー、キンクスと言われているが、この中で一番日本で知名度、評価が低いのはどのバンドか。これはもうキンクスだと思う。
 その理由は、まず一番考えられるのは所属するレーベルによって音楽性が大きく異なっているということがあげられると思う。
パイ時代はビート・バンドとしてシンプルなロツクン・ロールが中心。RCA時代はレイ・デイビスの英国諧謔趣味のフォーク・トラッド色の強いコンセプトを生かしたマニアックなイメージ、アリスタに移ってからはよりコンパクトでハード・ロック的なサウンド・・・というように振り幅が非常に大きかったため、一部熱心なファン以外は取っつきにくかった。
 しかし、考えてみれば活動歴が長いバンドは多かれ少なかれサウンドや指向する音楽性が変化していくのは当たり前のこと。これはレコード会社のプロモーションの仕方にも原因があるのではないだろうか。
 初期のブリティッシュ・ビートバンドとしてはリバプール・サウンドと混同され、『ユー・リアリー・ガット・ミー』『オールデイ・アンド・オール・オブ・ザ・ナイト』などシングル・ヒットは認識されていたにしろ、多くのヒット曲の一つとして片付けられたに過ぎず、主立ったシングル・ヒットがなかったRCA時代は不遇の時代だったと思う(音楽性が低かったわけではない。近年はずいぶん見直されてきたが・・・)アリスタに移籍してからはパンク・ニューウェイブの連中からのリスペクト(アティテュードやプレッシャーなどの曲はまるでパンク)やヴァン・ヘイレンの『ユー・リアリー・ガット・ミー』のカバー・ヒットもあり、再度脚光を浴びたが日本での人気はそれほど盛り上がってはいなかったようだ。
 
 さて、何度も言うがキンクスの魅力は、その振り幅ゆえなかなか伝えにくい。しかしアリスタから80年に発表された【ワン・フォー・ザ・ロード】はライブ・アルバムということもあり、それまでのヒット曲、代表曲を網羅している。
 つまり、キンクスの魅力をダイジェストで知るには最適なアルバムだと言えるだろう。
上記の2曲(初期のヒット曲)はもちろん、このアルバムのツアー直前に発表された【ロウ・バジェット】から『ロウ・バジェット』『アティテュード』『スーパーマン』『ナショナル・ヘルス』。それ以外のアルバムから『ローラ』『ストップ・ユア・ソビン』『セルロイドの英雄』『ビクトリア』『デビッド・ワッツ』など、パイ、RCA、アリスタのすべての時代から代表曲を惜しげもなく披露。しかもサウンド的にもそれまでのライブ・アルバムよりもクリアで厚みのあるサウンド、ライブ会場の熱狂と興奮が直に伝わってくる。このアルバム辺りから入ってパイ時代、RCA時代という風に聴いていくとキンクスの素晴らしさがよくわかると思うのだが、どうだろうか。※同時期の映像もDVDで出ている。必見!!










 
One for the Road
Universal UK
2010-07-27
Kinks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by One for the Road の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



One for the Road [DVD] [Import]
Geneon [Pioneer]
2001-07-17
Kinks

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by One for the Road [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
CDもDVDも両方持っています。『スリープウォーカー』に始まるアリスタ時代のアルバムは、ここ数年ですっかりお気に入りになりました。82年来日時にFMで放送されたライヴをエアチェックしたカセットテープを持っている友人がいて、それをデジタル化しようとこの間話したところでした。
ギニー・イン・ユア・ルーム
2010/11/14 20:33
ギニーさん、こんばんは。アリスタ時代、RCA時代ともにはまると本当におもしろいのにねぇ。キンクス、奥が深いっす。
ロック仙人TF
2010/11/14 20:38
本編に書き忘れたんだけど、このアルバムのジャケの色使いってパンク意識してませんか?ピンクと黄色と黒って初期のパンクパンドが好んで使ってましたね。
ロック仙人TF
2010/11/15 01:40
キンクス大好きですよ〜
レイとプリテンダーズのクリッシーが結婚した時はびっくりしましたが 笑
ボクの一番好きな曲は
「Waterloo Sunset」ですが
そのほかにも
佳曲多いですよね〜
昔NHKの「ヤングミュージック・ショウ」で
見て
渋さに
病みつきになりました
平和風
2010/11/15 19:14
ジャケットの件ですが、少ない色数と補色の組み合わせはピストルズやボーイズの1st。直線や四角形など幾何学的な感覚はバズコックスの3rd。2色刷りの人物はコステロの1stという感じでしょうか。安っぽさを打ち出すことでパンク勢への共感を表現したのかもしれませんね。
ギニー・イン・ユア・ルーム
2010/11/15 21:07
ギニーさん、丁寧なコメントありがとうございます。さすがです!!当時オールド・ウェイブといわれたバンドでキンクスとフーだけはパンクスの支持を受けていたというのも関係ありそうですね。
ロック仙人TF
2010/11/18 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
正当な評価はいつになるのか【ワン・フォー・ザ・ロード/キンクス 】 ゴーイング・バック・ホーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる