突然ですがボブ・ディラン【リアル・ライブ】

 ミック・テイラーつながりで84年のライブ・アルバム【リアル・ライブ】。実はこれ、ディランのアルバムの中ではあまり聴くことがないもの。ディランのライブでは圧倒的に【偉大なる復活】を聴くことが多いからだ。
 このアルバムにはミックテイラーとイアン・マクレガンが参加している。人脈的には大好きなパターンなのだが、ディランの歌にはミック・テイラーの流麗なギターというのはあまりあっていない気がして・・・。
 もちろん演奏そのものが悪いわけではない。ディランの歌もなんか一本調子だし・・・ディラン初心者の人には勧めないアルバムだな。ミック・テイラーのギターは素晴らしいけど、一つ前の記事で取り上げたカーラ・オルソンとのライブの方が好きだな。
 とはいえ『タングル・アップ・イン・ブルー』や、ハードにアレンジされた『マスター・オブ・ウォー』なんかは聴く価値ありかな。『やせっぽちのバラッド』は元々ブルージーな曲なので違和感無しに聴ける。
『北国の少女』は多くのカバー・バージョンが存在するが、ディラン自身がリメイクして歌っているという感じ。
『トゥーム・ストーン・ブルース』にはカルロス・サンタナがゲストで参加。こういうブギはディランもバンドのメンバーも得意なのでなんの問題もない。しかし・・・なんか消化不良というか不完全燃焼の感あり。原曲のメノディを無理矢理ねじ曲げてしまうディランの悪いくせが出てしまった一枚。バンドが良いだけにちょっと残念!!




Real Live
Sbme Special Mkts.
2008-03-01
Bob Dylan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Real Live の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック