ブルージーでシャジーなバンドマンに脱帽!!【憂歌団/生聞59分】

「嫌んなったァ もう駄目さぁ♪ だけど、くさるのはやめとこう~日の目を見るかも、この俺だぁって~」

なんと嫌になるなぁ。さっき30分もかけて記事書いたのにちょっとしたミスで消えちまった。もう一回書き直し!!

憂歌団、木村秀和(ボーカル・・・現 充揮)、内田勘太郎(リード・ギター)、花岡憲二(ベース)、島田和夫(ドラムス)。大阪出身の四人組のブルースバンド。基本的には四人とも椅子に腰掛けて演奏するアコースティックスタイル。(ベースのみアンプ使用)
 『マディ・ジャンプス・ワン』『イフ・アイ・ディドント・ラブ・ミー』『ローリン・アンド・タンブリン』『イン・ジ・イブニング』などのブルースのカバーはもちろんいかしてるけど、彼らの真骨頂は日本語のオリジナルとカバー・ソング。
 木村のだみ声ボーカルは〔男版ビリー・ホリディ〕などと賞される位味わい深い。そして内田勘太郎のスライドギターの妙技。これがなんといっても憂歌団の売り。

『俺の村では俺も人気者』『10$の恋』『シカゴ・バウンド』実に素晴らしい。
『パチンコ~ランラン・ブルース』俺はギャンブルのたぐいは一切やらないが、こんな曲を聴くとパチンコにはまってる人たちの気持ちは何となく分かるような気がする。
名曲『嫌んになった』悲しくてやがて嬉しく・・・おもろうてやがて悲しき世界。
 『イコマ』演歌でさえ彼らの手にかかれば、しっかりブルースに。
『憂歌団のテーマ』・・・石原裕次郎の「オイラはドラマー、やくざなドラマー」っていうあの曲を自分たちのテーマに替え歌。「俺たちャ憂歌団、やくざな憂歌団。おいらが歌えば女が騒ぐ!!」

なんでテーマが最後に来るのか? 残念ながら現在は活動停止状態の憂歌団。後期の活動ではダウン・タウン・ブギウギ・バンドの『スモーキング・ブギ』やRCの『雨上がりの夜空に』なんかもやっていた。

そうそう『ステイ・ウィズ・フォーエバー』も絶対ライブで外せないナンバー。加山雄三のあのヒット曲です!!木村の間奏の語りも抱腹絶倒!!
憂歌団のブルースは正におもろうて、やがて悲しき・・・悲しうて、やがておもろき世界なのだ。これでいいのだ!!
※オリジナル・アルバムはなかなか入手困難だと思うので、フォーライフのベスト二枚組を推薦しておきます。













画像


GOLDEN☆BEST Complete Best 1974-1997
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
2002-11-20
憂歌団

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GOLDEN☆BEST Complete Best 1974-1997 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年06月06日 11:13
ブログの書きかけ原稿が消えることはボクもあります。
それも気合いを入れている時に起きやすく、頭に来てPCを叩いたりしていますが、結局初めからやり直すしかないですね。

先日、フジの「ぼくらの音楽」で木村充揮を久しぶりに見ました。
見ながら「憂歌団」の再結成して欲しいと思っていました。

このアルバム、収録曲がレーベルを超えているので欲しいです。 
再結成までこのアルバムを聴いて待つことにしますか。 再結成は難しいかな・・・



2011年06月06日 12:13
本当に憂歌団のような持ち味のあるバンドはなかなかないので、俺も再結成強く願っています。やっぱ木村のとなりには勘太郎がいてほしいですね。
2011年06月06日 21:01
毎度、今晩は♪

憂歌団と言えば、私も以前書きましたが、『生聞59分』でしょう。

私は、かぶりつきで憂歌団を3回見ましたが、勘太郎のスライド・ギターは、今や世界一ではないでしょうか?
『10$の恋』なんか好きですが、10$払うから、恋さして下さい!
2011年06月06日 22:59
書いたものが消えたときのショック
脱力感
わかります 笑

ほんと「いやになった」ですね
えと
憂歌団
大好きです
ヴォーカルの人とは苗字が同じものですから 汗
『おそうじおばちゃん』は
宴会のカラオケで
よく歌います
ウケます 笑

2011年06月07日 10:45
憂歌団もライヴで何回もみましたよ♪
サウス・トゥ・サウスや ウエスト・ロードは すでに解散してたので 憂歌団で盛り上がってました。

とにかく ブルースといえば この関西ブルースから吸収したので このあたりから入ったのは正解だった気がします。
関西弁とブルース 道頓堀とメンフィス きっと似てるんじゃないかなあ、、、
強烈なおばちゃんも ミシシッピーにいてるんちゃうか?アニマル柄きてるおばはんが・・・
2011年06月07日 14:48
なんかね、標準語のMCって違和感あるので、大阪弁のMCは音楽とのギャップがない分、すっと入ってくるような気がしています。ブルース、ソウル、ファンクが大阪に根付いたのは必然だと思っています!!

この記事へのトラックバック