ロリー・ギャラガー【アゲインスト・ザ・グレイン】

 75年リリース。クリサリス・レーベルでの第1弾。プロデュースは元ディープ・パープルのロジャー・グローバー。
次作に当たる【コーリング・カード】と本アルバムは二部作という感じ。
ロリーのルーツであるブルースをよりスタイリッシュなハードロック路線に変更した事で評価は別れるかもしれない。

『レット・ミー・イン』・・・曲調でいうとパット・トラバースあたりが好みそうな感じ。『エイント・トゥ・グッド』・・・ロリーには珍しいメランコリックなバラード。
『スープド・アップ・フォード』・・・ボトル・ネックが鮮やかなアップ・ナンバー。
『ボート・アンド・ソールド』・・・ホンキー・トンクなピアノが印象的なブルースロック。
『アイ・テイク・ホワット・アイ・ワント』・・・ガッツ溢れるロリーのボーカルもなかなかのもの。
『ロスト・アト・シー』この頃のロリーはギター・プレイはもちろんだが、ボーカリストとしての何かを模索していたような気がする。
『オール・アラウンド・マン』初期のロリーの志向していたいなたい、引きずるようなブルース。こういう路線の方が本来のロリーの姿だと思うのだが・・・。
『アウト・オン・ザ・ウエスタン・プレイン』アコギをフィーチャーしたレッドベリーのブルース。良いね。
『アト・ザ・ボトム』・・・スワンプ的なサウンド。ちょっと迷いが感じられる。
結局同路線のアルバム【コーリング・カード】作成後、ロッド・ディアス(ドラムス)とルー・マーティン(キーボード)が脱退(解雇)。
 後任にテッド・マッケンナ(ドラムス・・・センセーショナル・アレックス・ハーベイ・バンド~マイケル・シェンカー)
を迎えてトリオ編成に戻り、新たなスタートを切る。以後【フォト・フィニッシュ】【トップ・ブライオリティ】【ステージ・ストラック】などを発表。

悪いアルバムではないが、この頃のロリーにはどうも迷いが見られる。
やっぱりロリーにはバリバリのブルースが似合う。









Against the Grain
Sony UK
2012-09-25
Rory Gallagher

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Against the Grain の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





Photo Finish
Eagle Records
2011-07-12
Rory Gallagher

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Photo Finish の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ノーツ・フロム・サンフランシスコ(初回生産限定盤)
SMJ
2011-07-06
ロリー・ギャラガー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノーツ・フロム・サンフランシスコ(初回生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Tattoo
Sbme Special Mkts.
2000-02-22
Rory Gallagher

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Tattoo の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ライヴ・イン・アイルランド(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】
BMG JAPAN
2012-01-23
ロリー・ギャラガー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライヴ・イン・アイルランド(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック