キャベツ食おうぜ!!【キャベージ・アレイ/ミーターズ】

 今日はまた久しぶりに32℃まで気温が上がるらしい。いい加減、秋になって欲しいな。夏ばての影響で今ひとつ食欲がなく、野菜も取れていないので夕食はポトフでも作ってみようと思う。

さて、印象的なジャケットは一度見たら忘れられない72年のミーターズの【キャベージ・アレイ】を聴いている。
ミーターズといえば今まで2回くらい取り上げているが、アラン・トゥーサンの秘蔵っ子にしてニューオリンズ・ファンクの雄・・・当初はインスト中心のバンドであったが、徐々にボーカル曲も増えて一流ファンク・バンドに・・・。

このアルバムのあたりになるとセカンド・ラインビートのニューオリンズ・サウンドだけでなく、スライやMG'sのおいしいところやニュー・ソウル的なバラード・ナンバーなど、音楽性はかなり広がっており、単にニューオリンズの枠に収まらない魅力がある。※もちろん、初期のストイックなインスト中心の時も生かしてたけど・・・。

しかし72年にしてこの完成度・・・72年といえばストーンズがようやくスワンプの入り口にたった頃(【メインストリートのならず者】)。やっぱり、ルーツと年期の違いといえば元も子もないが・・・。

『ユーヴ・ガット・トゥ・チェンジ』のレオ・ノセンテリのチッキン・ピッキング。シンコペートの仕方、ジョセフ・ジギー・モデリステの抜群のタイム感のあるドラミング。
『ステイ・アウェイ』・・・スライと60年代末のロックから影響を受けたと思われる曲調。ギターのフレーズにはジミも少し入ってるかな? いかしたファンクだよね。
『バーズ』・・・一変してフォーキーな感じだなと思ったら、ニール・ヤングの曲だった。
『ザ・フラワー・ソング』・・・こちらはぐっとアダルトなニュー・ソウル的なインスト。
『ソウル・アイランド』・・・カリビアンなリズムとアート・ネヴィルのハモンドが何とも良い感じ。
パーカッションにはアートの実弟シリル・ネヴィルも加わっている。
『ドゥ・ザ・ダート』・・・これまたいかしたシンコペートが目立つナンバー。
『スマイリング』・・・アート・ネヴィルの作品。ハモンドがリードするインスト。
『ロンサム・アンド・アンワンテッド・ピープル』・・・MG'sと対等に渡り合える演奏力と素晴らしいボーカル。
『ゲッティング・ファンキァー・オール・タイム』・・・このタイム感こそミーターズの真骨頂!! 緩いけどメリハリのハッキリした何とも形容しがたいグルーヴ!! 最高!!
『キャベージ・アレイ』・・・タイトル・ソング・・・これは本来のニューオリンズ色が強いナンバー。パーティ・チューンだな。
ボーナス・トラックに『チャグ・チャグ・チャグ・ア・ラグ』のPart1 とPart2が納められている。もちろんこれもご機嫌!!

【ファースト】や【レジュビレーション】も必聴!!










Cabbage Alley
Sundazed Music Inc.
2000-05-09
Meters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Cabbage Alley の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ニューオリンズ・ファンクの覇者+2
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-06-24
ザ・ミーターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニューオリンズ・ファンクの覇者+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Meters
Warner/Rhino
2001-07-16
Meters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Meters の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Look-KA-Py-Py
Rhino/Wea UK
2001-07-16
Meters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Look-KA-Py-Py の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Struttin
Warner/Rhino
2001-07-16
Meters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Struttin の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック