[80's洋楽グラフィティNo.25]【ブリキの太鼓】ジャパン[1981]

 ジャパンの実質的なラスト・アルバム。ここで聴かれるサウンドは確実にこの後、雨の後の竹の子のごとく登場するブリティッシュ・インベーション、ニューロマンティック系のアーティストのひな形となったものだ。
退廃的ではあるが、見事なエレクトロ・ポップ。
 それらのアーティストが全盛を迎える前に、先鞭をつけたジャパンが消えてしまったというのは、ある意味ポップ・シーンを象徴しているような気がする。
つまり、いくら先鋭的でもコマーシャリティがなければ生き残れないし、セールス的にも成功出来ないということになる。
 多くのアーティストの中には商業的な成功とは無縁でも、自分のやりたい音楽を貫いている人たちもいる。いや、むしろ売れる努力をして、自分にそぐわない音楽を受け入れるよりも、そういった頑固なアーティストの方が幸せなのではないかと思ったりする。
 もちろん、自分の路線を変えずに、それがヒットしてくれれば一番良いのだが・・・。

ジャパンは、商業的なヒットよりも自分たちの[あるいはデビッド・シルヴィアンの]美学を最後まで貫いた。その結果の解散である。彼らにもう少し、商魂があればロキシー・ミュージックの【アヴァロン】位の成功は出来たのではないだろうか・・・。


 
Tin Drum
Caroline
2006-04-07
Japan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Tin Drum の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Quiet Life
Sony Bmg Europe
2006-09-26
Japan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Quiet Life の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Gentlemen Take Polaroids
Caroline
2006-04-07
Japan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Gentlemen Take Polaroids の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Oil on Canvas
Caroline
2006-04-07
Japan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Oil on Canvas の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2013年04月17日 20:35
ああ懐かしい、デビさんのとびきり低い声。思い出とセットになって昔に帰れます。どう考えても一般受けはしませんよね。でも頑固なイギリス人って感じでいいですねえ。
2013年04月17日 21:13
音楽専科の漫画でよくいじられてましたねぇ~。しかし、デビッド・シルヴィアンまじめすぎたのかなぁ。彼にブライアン・フェリー位狡猾さがあったら・・・なんて思ったりします。

この記事へのトラックバック