オールタイム・ベスト名盤200[51~100]88【ザ・ローヤル・スカム】スティーリー・ダン

スティーリー・ダンの【エイジャ】は確かに名盤にふさわしいアルバムである。しかし、超一流のセッション・メンたちによるインスト・パートが中心で、ジャジーだがやや冷たい印象がある。曲調もそれほどバラエティにとんではいない。
 もちろん、リリース直後には、すり切れるほどよく聴いた。
ただ、その後1作前の【幻想の摩天楼/ローヤル・スカム】を聴いてみたら、そっちの方が気に入ってしまった。
 【エイジャ】よりも遙かにバラエティにとんだ楽曲がそろっており、初期のロック色のあるバンドらしさがまだ、そこここに感じられる作品だったからだ。※実際には相当な数のセッション・メンたちが参加している。
 純然たるバンド編成だった【キャント・バイ・ア・スリル】とか、ややゲスト参加の多くなった【フレッツェル・ロジック】の頃の要素と【エイジャ】での完全無欠の完成度・・・そのどちらの要素も良いバランスで融合されているのが【ローヤル・スカム】だと思う。
 『滅びゆく英雄/キッド・シャールメイン』では、準メンバー並の活躍をしてきたラリー・カールトンの絶妙なギター・ソロが聴ける。
『アルタミラの洞窟の警告』・・・これもスティーリー・ダンらしいスタイリッシュな1曲。
『ドント・テイク・ミー・アライヴ』・・・これも初期~中期のサウンドに近いロック・ナンバー。
『サイン・イン・ストレンジャー』・・・レゲエっぽいギターと転がるピアノが心地よいナンバー。
『トルコ帽もないのに』・・・これはやや【エイジャ】のプロトタイプみたいなナンバー。
『グリーン・イヤリング』・・・ファンキーに弾むリズムが抜群にかっこいい。ベースはチャック・レイニーかな?
『ヘイシャン・ディボース/ハイチ式離婚』・・・皮肉っぽい歌詞にポップなメロデイをつけるスティーリー・ダンの真骨頂。曲調はレゲエ・・・。
『エブリスィング・ユー・ディッド』・・・ちょっとおどけた感じのリズム。
『ローヤル・スカム』・・・ラストはタイトル・ソング・・・ちょっと『リキの電話番号』を彷彿とさせるメロディ・・・。
 まあ、俺はこのアルバムがスティーリー・ダンのベストだと思っているが、【エイジャ】とセットで聴くとちょうど良いかな。※俺はスティーリー・ダンのアルバムは【ガウチョ】以外はすべて名盤だと思ってるけど・・・。










幻想の摩天楼(紙ジャケット仕様)
ユニバーサルインターナショナル
2010-04-01
スティーリー・ダン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幻想の摩天楼(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Can't Buy a Thrill
Mca
1999-09-30
Steely Dan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Can't Buy a Thrill の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Pretzel Logic
Mca
1999-09-30
Steely Dan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pretzel Logic の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Countdown To Ecstasy
Mca
1990-07-30
Steely Dan

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Countdown To Ecstasy の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



彩(エイジャ)(紙ジャケット仕様)
USMジャパン
2013-09-25
スティーリー・ダン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彩(エイジャ)(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



うそつきケイティ
ユニバーサルインターナショナル
2011-10-12
スティーリー・ダン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うそつきケイティ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年07月19日 16:18
最近はやはり本作がベストかと思っています。まだバンドらしさが残っているので。そういう意味では前作『うそつきケイティ』も捨てがたいですが。しかし私にとって決定的なのは,実はドナルド・フェイゲンの声の魅力なのです。
2014年07月19日 18:38
ドナルド・フェイゲンの声の魅力・・・正にそうですね。【ガウチョ】以外はどのアルバムも愛聴しています。

この記事へのトラックバック