ベスト・オブ・ベスト[ベスト・アルバム100]72 トニー・オーランド&ドーン

 まずは『幸せの黄色いリボン』でしょ!! トニー・オーランドは60年代から地道な活動を続けていたが、なかなか芽が出ず、元トーケンズのハンク・メドレスとデイヴ・アペルの作った『恋するキャンディダ』という曲を気に入ったトニーは、バックコーラスとしてジョイス・ビンセント・ウィルソン、テルマ・ホプキンスの二人を採用してこの曲をレコーディング。
 名前を出さないという条件で架空のグループ[ドーン]としてリリース。それがなんとミリオン・ヒット!!
続く『ノックは3回』もヒットして、ついに観客の前でライヴを行うことに・・・。
 正式なグループとして[トニー・オーランド&ドーン]名義に・・・。
『幸せの黄色いリボン』は73年にリリース。
 実話を基にしたストーリーが陽気なメロディに乗せられたこの曲は、正に正当派アメリカン・ポップス。
ポップスやロックに目覚めた中坊は、ラジオで聴いたこの曲を一発で気に入った。
 以後俺のエバーグリーンの1曲になっている。
似たような曲調の『ノックは3回』よりは、俺はやっぱりこっちが好きだな。




ベスト
BMGメディアジャパン
1999-03-25
トニー・オーランド&ドーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック