弾き語りライヴ・カウント・ダウン「ワン!」あと1日!!

 はあ、ちょっと前に通し練習終わった。明日の夕方には機材を車にすぐ積める様に玄関先にまとめておいておくことにする。
 
 それにしても頭に来るのはこのウェブリブログ、アップ寸前になるとエラー表示が出て、文章がまったくきえてしまう・・・というのが午前中から三回続いた。
 これで4回目。いい加減うんざりだ。でも、一応カウント・ダウンしてきたので、まったく記事を載せないのもなんだかすっきりしないので、4回目を書いている。
 考えてみると、まったく一人っきりのライヴというのは、初めてだな。
2005年には、曲によってピアノ・コーラスを入れたり、もうひとりギターが加わったりして変則的な演奏形態でライヴをしたことがある。今は無き西弘の「チャペ」という喫茶店で・・・。
2007年には、一年間のメンバー探しの末、6人編成のバンド「ジャック&スパロウズ」を結成。
 弘前大学の近くの「オレンジ・カウンティ」というライヴ・ハウスでコンサート。
途中休憩を挟んだものの、約三時間、30曲というとんでもない内容・・・。ざっと50人くらい入ったかな。
 バッド・カンパニー、ストーンズ、ディラン、キッス、フリー、ドゥービー、クラプトン、ビートルズ、ジャニス・ジョップリン、キャロル・キング・・・など。
 同年の冬にはロック・バー「アサイラム」で、ギター二本のデュオで演奏。バンド向きではなかったナンバーを中心に・・・。
2008年には場所は移転した「チャペ」・・・以前の半分以下のスペースになった。これだと当然バンドは無理なのでキーボード、ボーカルとのトリオ編成のユニットで「70年代日本のフォーク」を・・・。
 拓郎、陽水、泉谷、かぐや姫、チューリップ、ガロ・・・などを俺のリードボーカルで、ユーミン、五輪真弓などを女性ボーカルをフィーチャーして行った。
 でその後は今回の弾き語りスタイルのライヴまで、一切人前での演奏はできなかった。
なので、久々に気持ちは上がっている。しかし、不思議に緊張感はあまりないな。

 ところで、ソロライヴで良いところは・・・。
①練習のスケジュールが自由なこと・・・これがバンドだとかなり調整が難しくなる。場合によってはメンバー全員が集まれないためにたいした練習ができなかったりする。リズム隊が二人とも欠席だと最悪!!
②機材の準備が楽である。
③すべて自分の責任でやれる。
 
ソロライヴの困る点は・・・
①ギターとボーカルのみなので音数が少なくて物足りない。
②集客が難しい。バンドならメンバーが手分けしてお客を集めることができるが、俺一人だと結構大変。
 中には封書を出したにも関わらず、知らんぷりするヤツもいるからね。
③ライヴの感触が自分一人だとわかりづらい・・・なので、いつもビデオを撮ってもらっている。※反省材料にもなる。

 とにかく明日は知人達とも久々の邂逅・・・。
さて、何人来てくれるかな?



Abbey Road (Dig)
EMI
2009-09-09
Beatles

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Abbey Road (Dig) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



THE BEATLES 1962 - 1966
Capitol
2010-10-18
THE BEATLES

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE BEATLES 1962 - 1966 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



THE BEATLES 1967 - 1970
Capitol
2010-10-18
THE BEATLES

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE BEATLES 1967 - 1970 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



THE BEATLES 1
EMIミュージック・ジャパン
2000-11-13
ザ・ビートルズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE BEATLES 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2015年06月06日 00:10
いよいよ今日ですね!(日付変わったので)良い手応えが得られるといいですね~是非楽しまれて来て下さい…会場での様子も後ほどレポお願いします
2015年06月06日 01:03
心強いコメントありがとうございます。そうですね、まずは自分が楽しまないと!!

この記事へのトラックバック