一番館アコースティック・ソロライヴ終了!!また新たな出会いが・・・。

 今日は7:30ころ、一番館についてすぐにセッティング。(といってもギターをケースから出して、チューニングするくらい)
 ハーモニカとハーモニカホルダーを首に下げ、譜面を譜面台にセットして、早速1曲めを・・・。
ニール・ヤングの『ハート・オブ・ゴールド』、ビートルズの『イン・マイ・ライフ』、『アクロース・ザ・ユニバース』『ヒア・カムズ・ザ・サン』、C.C.Rの『雨をみたかい』
 後半は日本の曲・・・陽水『帰れない二人』『夢の中へ』、かぐや姫『僕の胸でおやすみ』『ひとりきり』、玉置浩二『メロディ』、吉田拓郎『御伽草子』、陽水『結詞』で一応終了・・・。
 その後お客さんが1人~2人とポツポツ増えてきて、その方たちからのリクエストもあり、予定していなかった第二部も少しやらせてもらった。
 曲はクラプトンの『ティアーズ・イン・ヘヴン』と『ドリフティン・ブルース』、ビートルズ『ロング・アンド・ワインディング・ロード』『サムスィング』、イーグルス『デスペラード』。
 まあほぼ今回のセットリストは全曲やった。
ビートルズの『ブラックバード』は極度の緊張状態だと間違える確率が高いので今回はパス。
 アハハ!! 人が少なすぎると逆にあがってしまうたちなのです(笑)。
まあライヴは可もなく不可もなくって感じだったかな?
それよりも6月4日に予定されているHIROSAKI JAZZ STREETというイベントに出ようと思って、ドラムのT君にテルしたら、なんでもその日は、かなり前から八戸に行く用事があって都合がつかないとのこと・・・。
 で、ひとりでも出てみようと思って募集要項を取り寄せた。
まあバンドで出れなくても、弾き語りても仕方がないと諦めかけていたのだが、今日一番館で、俺のことを知っているかもいう人がいて、話をしてみたら、どうやら昔一度セッションしたことがあったみたい。
 でドラムをやっていたということで、駄目もとで6月4日のエキストラをお願いしてみたところ、ひょっとするとやれるかも・・・という色よい返事が・・・。
 で連絡先を早速交換して、一度バンドの練習に参加してもらうことに・・・。
T君には場所を借りるだけで、申し訳ないが、このEさん、人柄もよさそうだし、何とか一緒にやれたら・・・。
 正直ソロで弾き語りなら、いくらでも機会はあるし、俺はやっぱりバンド・メインでやりたいんだよね。
その点、この6月のイベントは不特定多数の前で演奏する絶好のチャンス!!
逃したくないな。
それにしても一番館、次々いい出会いがある店だな。








Abbey Road (Dig)
EMI
2009-09-09
Beatles

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Abbey Road (Dig) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック