デリンジャー【スウィート・イーヴル】

 リック・デリンジャーが本人の名前をつけたバンドの2作目。
前作はポップではあったものの、若干ロック的なカタルシスは少なかったような・・・。
 しかし、この2作目はそれを反省した上で、いずれもリフのかっこいいナンバーが満載となった。
元々リックはキャッチーな楽曲を作ることに関しては定評のあるアーティストなので、あとはほんの少しサウンドをソリッドにすれば、エドカー・ウィンターグループ、あるいはソロ作にも劣らない作品を作れるはずなのだ。
 リック、ケニー・アーロンソン、ヴィニー・アピス、ダニー・ジョンソンの四人は正に、リックが当時頭に描いた理想的な編成だったに違いない。
 『ドント・ストップ・ラヴィング・ミー』『シッティン・バイ・ザ・プール』『キープ・オン・メイキン・ラヴ』・・・オープニングから怒濤の3連発・・・いかす!!
『ワン・アイド・ジャック』の引きずるようなヘヴィ・リフもかっこいいし、『レッツ・メイク・イット』のギターワークも良いねぇ。
 なるほどこうやって聴いてみると、ファーストとこのアルバム二枚で一組というのは正しいカップリングかも・・・。






Derringer / Sweet Evil
Beat Goes On
2004-01-13
Derringer

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Derringer / Sweet Evil の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






オール・アメリカン・ボーイ [ リック・デリンジャー ]
楽天ブックス
リック・デリンジャーオール アメリカン ボーイ デリンジャー リック 発売日:2017年04月12日

楽天市場 by オール・アメリカン・ボーイ [ リック・デリンジャー ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スプリング・フィーバー
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
リック・デリンジャー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スプリング・フィーバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年01月14日 11:50
デリンジャー名義では,ファースト・アルバムとライヴ盤しか聞いたことがなかったので,セカンド・アルバムの存在を初めて知りました。なるほど,2in1はちょうどいいかもしれませんね。
2018年01月14日 16:38
実はファーストはすでに入手済みだったんですが、セカンドが聴きたいのでダブりを承知で入手しました。

この記事へのトラックバック