未入手だったアルバム【パッセージ】カーペンターズ

 カーペンターズに関しては主要なオリジナル・アルバムやベスト・アルバムを持っているので、改めて今頃また買い足すなんて考えていなかったのだが、未入手だった【パッセージ】という77年リリースのアルバムが気になっていて、今回ようやく入手した。
 オープニングはマイケル・フランクスの『一人にさせて/ビウァナ・シー・ノー・ホーム』でクールにスタート。
続いてはこのアルバムからの第一弾シングル『二人のラヴ・ソング』。俺は好きだな。あまりヒットしなかったみたいだけど。
 『思い出にさよなら』・・・アレンジを含めて、正に王道のカーペンターズ節だけどなんたってこれリリースされたの77年だよね。世の中パンク真っ盛りの時期。俺も70年代前半はカーペンターズずいぶん聴いたけど、さすがに77年だとご多分に漏れずパンクにやられて「カーペンターズ?そんななまっちょろいの聴いてられるかい😠」なんて態度とってたから・・・このアルバムはすっかりスルーしてたんだよね。
 まあ、全盛期ほどの勢いは感じられないものの、決して悪くない。もっと早くチェックしておくべきだったか・・・。
因みにこのアルバムの中で俺が一番好きになったのは『スウィート・スウィート・スマイル』だな。






Passage
A&M
1998-12-08
The Carpenters

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Passage の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック