インペリアル時代のオージェイズ【ア・ロンリー・ドリフター】

 オージェイズというとどうしてもフィリー時代のイメージが強いが、その前に在籍していたインペリアル時代もなかなかの物だと今回初めてわかった。
 この頃はどちらかというとドゥーワップ色が強く、後の洗練された魅力よりも、ややワイルドでストリート感覚が強いイメージ。それを野暮ったいととるか、本来の魅力だと捉えるかが評価の分かれるところかな?
もっとも、アイズリーにしろ、テンプスにしろ、初期の頃はこういう音楽性は当たり前だったので、オージェイズもこうした初期の音楽性を元にして徐々に洗練された音楽を作り上げていったといったところか。
 もちろん時代的な背景があってのことだが、R&Bの変遷を同じグループで聴き比べるのもおつな物。





画像

 



ウィール・ネヴァー・フォーゲット・ユー:インペリアル・イヤーズ1963-1966
SOLID / SHOUT
オージェイズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウィール・ネヴァー・フォーゲット・ユー:インペリアル・イヤーズ1963-1966 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック