ときめきシネマ館[グラン・ブルー]リュック・ベッソン監督作品

1988 Gaumont フランス映画 
 たった一回の呼吸で、グラン・ブルーと呼ばれる誰も到達することができない、深海に潜っていく二人の男・・・彼らの名前はジャック・マイオールとエンゾ・モリナーリ。どちらがより深く、より長く潜っていられるか・・・最高の友であり、ライバルだった熱い男二人と、その男たちに魅せられた女の愛の物語・・・。
 監督、脚本がリュック・ベッソンだということで、ある程度期待してみたのだが、予想以上に素晴らしかった。
ちなみにジャック・マイオールは実在のフリーダイバーだった人で、イルカの研究家でもあったが・・・残念ながら2001年自らの命を絶っている。※76年に人類史上初の100mを超える記録を打ち立てる。その後55歳で105mの記録も・・・。
 ライバル、エンゾーにはジャン・レノ・・・これまた素晴らしい演技をしてくれている。大好きな役者だ。
※ちなみにエンゾの子供の頃を演じている子役も、ジャン・レノにそっくりな子が使われてて・・・いいんだよね。
子役が素晴らしいもの、男同士の友情を描いたものにメッチャ弱いんだよな・・・。 
普段はこの手の実話ものってあまり見ないんだけど、この作品は別格!!

イルカと一緒に夜中に泳ぐジャックには、地上の生活は重すぎたようだ・・・。
 ジャック役にはジャン・マルク・バーグという役者、恋人ジョアンナにはロザンナ・アークェット。(これまた好演!!)







"ときめきシネマ館[グラン・ブルー]リュック・ベッソン監督作品" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント