テーマ:ニルソン

【ニルソン・シングス・ニューマン】ニルソン

 オリジナル・リリースは70年。タイトル通り、ニルソンがランディ・ニューマンの作品だけを歌うという一種の企画もの・・・。  これが何とも素晴らしい出来・・・いやぁもっと早く入手すれば良かったな。 ニューマン自らが弾くピアノにあわせて歌われるニルソンの声の芳醇な響き・・・。  『バイン・ストリート』『ラヴ・ストーリー』『イエロー・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独な人にニルソンの歌を・・・【エアリアル・バレー】ニルソン

 68年リリースの懐かしくも新鮮な楽曲満載の一枚。 極度のあがり症のため、ライヴ活動を一切行わないアーティストという変わったスタイルを貫いた希有な存在。  素晴らしい美声の持ち主だったのに、例のジョン・レノンの[失われた週末]でジョンやリンゴ・スターと一緒に連日連夜痛飲してすっかりその喉を痛めてしまった・・・アーティスト生命を失うほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卓越したソングライティングとカヴァー・センス【ニルソン・シュミルソン】ニルソン

 このアルバムからは大ヒットシングル『ウィズアウト・ユー』が出たことで、一躍ニルソンの評価が上がったのは確か。  今からウン十年前・・・市内のあるCDショップでマライア・キャリーの『ウィズアウト・ユー』のカヴァー・ヴァージョンが流れると、たまたまそこにいた女子高生が友達に「この曲マジ好き!!最高じゃね。CD買おうかな?」と言ってのが聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たまにはノスタルジックに③【ハリー】ニルソン

 ニルソンのジャズ・スタンダード集というと【夜のシュミルソン】という大傑作アルバムがあるが、すでに2010/09/24に取り上げているので、今回は69年の【ハリー】を・・・ご存知とは思うが〔ハリー〕はニルソンのファースト・ネーム。 全13曲中カバー曲は『マザー・ネイチャーズ・サン』(レノン=マッカートニー)、『ミスター・ボージャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラウンド・ザ・ビートルズ⑭『交友録』悲劇のシンガー、ニルソン

 【パンデモニアム・シャドー・ショウ】ニルソンのファースト・アルバム。これを聴いて感激したジョン・レノンは何と国際電話でその気持ちをニルソン本人に伝えたという。以来ジョンとの交流は続き、ジョンが渡米した後に本格的に親しくなる。しかし、それには大きな代償を払うことに・・・。  さて、ニルソンは、優れたソング・ライターなのに不思議なことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more