テーマ:グラウンドホッグス

【スプリット】グラウンドホッグス

 71年リリースの4作目。前半(A面)はパート1~4に別れた『スプリット組曲』。曲の構成、インプロヴィゼーションはやはりクリームからの影響は大きいようだ。※俺が一番好きなのはハードブギの『パート4』かな? 『チェリー・レッド』・・・音圧の強いブルースロック。まあハードロックといってもいいだろう。 『ア・イヤー・イン・ザ・ライフ』・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【サンクス・クライスト・フォー・ザ・ボム】グラウンドホッグス

 さて今日も[フォー・グランドフォグス・オリジナルズ]から・・・。 まずは3rdアルバム【サンクス・クライスト・フォー・ザ・ボム】。このアルバムはガイド本でもよく見かけるところから、代表作といって間違いないだろう・・・。※アルバム・ジャケットも一番雰囲気的にましかな? 『ストレンジ・タウン』『ダークネス・イズ・ノー・フレンド』・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激渋ブルースロック【ブルース・オビチュアリー】グラウンドホッグス

 さてこちらは69年の2nd。なるほど1stに比べると、ほんの少しヒネクレ度が出てきたというか・・・。 『B.D.D』『ダズ・オブ・ザ・ウェイク』『タイムス』には、微妙ではあるがサイケデリックな色合いが見え始めている。 『ミストゥリーテッド』・・・後のパープルの有名曲とは全く関係のないブルースロック。 前作発表後ボーカルのジョン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激渋ブルースロック【サーチング・ザ・サーフェス】グラウンドホッグス

 特別なんの理由もなくスルーしてきたバンドやアーティストっていないだろうか? 俺の場合、このグラウンドホッグスがその代表格・・・。  ブリティッシュ・ブルースは大好物だし、これまでもフリートウッド・マック、チッキン・シャック、サボイ・ブラウン、テン・イヤーズ・アフター、ロリー・ギャラガー、アメリカ勢ではジョニー・ウィンターなど多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more