テーマ:ナザレス

ダン・マッカファーティ【DAN McCAFFERTY】

さてこちらもかれこれ30年近く探し続けてようやく見つけた一枚!! マッカファーティはもちろんナザレスのボーカリストとしてお気に入りの一人であったのだが、巡り合わせが悪くて、このアルバムにはなかなか出会えなかった。今回の盛岡のレコ市の収穫の中では断トツに素晴らしい一枚。  75年リリースのソロアルバム。ナザレスでは根っからのハード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エクスペクト・ノー・マーシー】ナザレス

ペーパーバック[英雄コナン/コナン・ザ・バーバリアン]の表紙画は、[ターザン]の表紙画で一躍人気を博したフランク・フラゼッタが担当。  レコード・ジャケットでもロックアルバム中心で依頼が結構あったようだ。 俺が持っているのは、以前紹介した[ダスト]のセカンドと、ナザレスの【エクスペクト・ノー・マーシー】。  オープニングは正しくブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコジャケ天国ブリテイッシュ編【ノー・ミーン・シティ/ナザレス】

 こちらはロジャー・ディーンやヒプノシス程は有名ではないが、ロドニー・マシューズという人の作品。78年作。 ナザレスというと【ラザマナス】や【人食い犬】などの方が圧倒的に有名で、実際中身も素晴らしいのだが・・・すでに紹介済みなので、今回はこのアルバムを・・・。 何ともまがまがしいジャケット・イラスト。まあハードロック・バンドとし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんです??ナザレス!!ガンズのルーツ【ラウドン・プラウド】ナザレス

 今日は3記事で終わるつもりが、ちょっと前無性にこのアルバムが聴きたくなって・・・。 『ゴー・ダウン・ファイティング』からポップなハードロック色全開!! 『ノット・フェイキング・イット』これはなぜかアイルランドの香りが・・・。シン・リジィとU2を足したみたいな感じ。 『ティーンエイジ・ナーヴァス・ブレイクダウン』はなんとあのリトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B級ハード列伝【ナザレス/ラムパント】

 ツェッペリン、パープル、サバスなどに比べれはナザレス、シン・リジィ、UFOなどは第2世代というかB級に位置づけられるバンドかもしれない。必ずしも、音楽的に劣るとかということではなく。人気、知名度、商業的成功で比べれば・・・ということ。実際にはメジャーなバンドにはない魅力があって、俺は大好きだ。 で、まずナザレスから・・・以前にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリテイッシュ・ハードの不思議な魅力①〔ヘアー・オブ・ザ・ドッグ/ナザレス〕

 ブリテイッシュ・ロックばかり聴いていた時期があった。ツェッペリン、パープル、サバスといった大御所からスタートしてザ・フー、ハンブル・パイ、UFO、シンリジィ、フォガット、ユーライア・ヒープ、ステイタス・クウォー・・・そしてナザレス。  ナザレスとの出会いは、前述の大御所たちのアルバムをあらかた集め終わって聞き飽きた頃だったと思う。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私的好盤ガンズ・アクセルに大きな影響を与えたナザレス【ラザマナス】

 【ナザレス】はナザレ人(ヒ゛ト)という意味らしい。一説によると【ザ・バンド】のファーストに納められている超有名な『ザ・ウェイト』の歌詞からバンド名を付けたと言われている。   72年、インディ・レーベルだったペガサスからファーストアルバムを発表するもののたいした反響もなく、続くセカンド・アルバムはアコーステイック・サウンドを強調し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more