テーマ:ソフビ

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]24 ウルトラマン

 ウルトラ・ヒーローもので好きなのはなんといってもセブンと初代マン。あとはもう全然はまらなかった。 怪獣もデザインが素晴らしかったのはウルトラQからセブンまで・・・。※かろうじてツインテールは例外。 見ていた年齢的にも、そこら当たりまでが限界。怪獣よりも夢中になれるものを見つけた。  それがロック(音楽)!! レッド・ツェッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]23 ベムラー

 宇宙怪獣ベムラー。ウルトラマンはこの怪獣を追って地球にたどり着いたという設定になっていた。 そういう面から見ると、記念すべき第1号の怪獣。  基本的には恐竜系のスタイルだけど、宇宙の他の天体で進化したというイメージはあるね。 そのデザインを担当したのが、我が県が誇る成田亨氏。 ウルトラマンの造形の原案も、多くのウルトラ怪獣のデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]22 ジェロニモン

 酋長怪獣ジェロニモン。前記事のゴメスと同様にゴジラの再利用・・・。 何とも命名の仕方が曖昧な感じだけど、ネイティヴ・アメリカンを彷彿とさせる羽根飾り等を背負わせてゴージャス感を出し、あごの下にはご丁寧にヒゲも付けた。   【中古】フィギュア 怪獣酋長 ジェロニモン 「ウルトラマン」 ウルトラ怪獣シリーズ 18【02P0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]21 ゴメス

ゴメス・・・ これはいわゆる再利用怪獣。当時は着ぐるみを制作する費用が潤沢にあったわけではないので、既成の着ぐるみに部品を足して新しい怪獣に仕立て直す・・・ということが極普通に行われていたという。  でそういう時によく使われたのがゴジラ・・・。 もっとも有名なのはゴジラに襟巻きの部分だけをくっつけて誕生した「ジラース」。  そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]⑱イカルス星人

 バランス悪いなぁ~。こいつすぐ前に倒れてきてしまう・・・。そうか、腕をできるだけ後に曲げるとなんとか立っていられるか・・・。  大きな耳と顔の造作はコウモリを基本にしている感じかな。 エヘヘ、なんかソフビの記事書いてる方が、最近は楽しいや(ヤバ!!)。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]⑯ケムール人

 続いてはケムール人。小学校の頃、冬になるとスキー帽を首までかぶって「ケムール人」なんてやってたね。 あと泉昌之氏のマンガで「全裸でストッキングをかぶって逃げる」という場面があって、それを見た人が「ケムール人だッ」と驚くッてのがあったな。ハハハ・・・くっだらねぇ~。(笑)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]⑬メトロン星人

 メトロン星人・・・人間に化けて、地球に潜伏、人間同士の信頼感をなくすことでお互いを傷つけ合うようにし向けて、自滅させようとした・・・という実に頭脳明晰で理にかなった手段を使った。  セブンのシリーズの中でもひときわ派手な印象がある。 ロックでいうとグラムロック!!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラッキー・チャーム[ウルトラ怪獣ソフビ]⑪ドラコ

 さて、またまた怪獣ソフビを・・・。今日は4体。 まずは、彗星怪獣ドラコ。雪男をイメージしたギガスと死闘を繰り広げるちょっと鳥を意識したようなデザイン。  他の怪獣よりも若干洗練された形かな? BGMはボウイの『スペース・オデティ』。「さよならトム少佐!!」
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビートルズ・コピー・バンド初セッション!!と今年のラッキー・チャーム①~③

今日は午後二時頃からドラムのT氏の自宅スタジオで、ビートルズ・コピー・バンドの初セッションを行った。 課題曲の『プリーズ・プリーズ・ミー』と『フロム・ミー・トゥ・ユー』をギター2本、ベース、ドラムスの4人編成でやってみる。いやぁ、これが実に気持ちいい。  2曲ともハーモニカがイントロと所々に入るのだが、俺がにわか仕込みのハーモニカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more