テーマ:関西ロック

追悼石田長生・・・石やん・・・ゆっくり休んでな。

 なんと石やん、行っちまったよ・・・。Charもショックだろうなァ。 俺なんかの石やんのイメージは「ソー・バッド・レビュー」とか「BAHO」なんたけど・・・。  Charとかと違って、常にナニワの空気を含んだギターを聴かせてくれたと思う。 いなたい感じの歌もよかった。合掌・・・。   SOO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

止めどないブルース愛【ライヴ・イン・キョート】ウエストロード・B.B

全国区ではない1ローカル・バンドが二枚組のライヴ・アルバムを出すというのは相当レコード会社の度量がなければ無理なことではないだろうか? ウエストロード・ブルース・バンドは関西地区ではメジャーな存在ではあったが、日本全国というスケールで考えれば、まだまだメジャーとは言いがたい存在だった。 しかし、それにもかかわらずこうしてアルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええなぁ浪花のラグタイム〔ぼちぼちいこかぁ/上田正樹と有山淳司〕

 最初はサウス・トゥ・サウスの方がすきだったけど〔今でも大好きだけど〕、高校時代友達の家でこのアルバムを聴かせてもらって、ラグタイムの上田正樹もいいと思うようになった。なんたって日本を代表するラグタイム・ギタリスト有山が一緒なんだから・・・〔なんつって、そんなことは後から知ったんだけど〕。 『大阪に出てきてから』『可愛い女と呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ブルージーでシャジーなバンドマンに脱帽!!【憂歌団/生聞59分】

「嫌んなったァ もう駄目さぁ♪ だけど、くさるのはやめとこう~日の目を見るかも、この俺だぁって~」 なんと嫌になるなぁ。さっき30分もかけて記事書いたのにちょっとしたミスで消えちまった。もう一回書き直し!! 憂歌団、木村秀和(ボーカル・・・現 充揮)、内田勘太郎(リード・ギター)、花岡憲二(ベース)、島田和夫(ドラムス)。大…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ファンキーな大阪に乾杯【ソー・バッド・レビュー】

 なんと8人編成の大世帯。山岸潤史、石田長生のツイン・ギター、砂川正和のボーカル、ベースは永本忠、ドラムス土井正和、キーボードは国府輝幸、チャールズ清水、そして賑やかしとバック・ボーカルに北京一。 『ソウル地下鉄』・・・ファンキーなインスト。『最後の本音』『銀太郎』『真夜中の歌姫』。関西ソウルらしい楽曲が続く。ただ、泥臭いのではな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

永井ホトケ隆〔ブルーズ講座〕スペシャル・グルーヴィン・タイム!!

いやぁ、スゲェーよかった!!講座ってゆうよりも、全くスペシャル・ライブを見せてもらったって感じ。しかも最前列で・・・。  会場の〔Eat & Talk〕は普段はダイニング・バーみたいな所でそれほど大きな店ではない。四人がけのテーブルをこのイベントのために場所変えて12個くらいおいてあったかな? テーブル以外にも立ち見が大勢いて、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

正にブルース・パワー全開!!【ウェスト・ロード・ブルース・バンド】

 現在ブルース・ザ・ブッチャー590213で〔ホトケ、長えよ~!!〕活動中の永井ホトケ隆が、今月26日に弘前の「イート&トーク」という店で〔ブルース講座〕を開くという情報が入った。で、出かけてみようと思う。思えば昨年の春、市内のライブハウスにブルース・ザ・ブッチャー・ウィズ・ムッシュ〔かまやつさん〕で来ていたのだが、もろもろの都合で見逃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すっきやねん大阪!!私的好盤【この熱い魂を伝えたいんや】上田正樹とサウス・トゥ・サウス

 一つ前の記事で60~70年代の日本のロック・フォークについて書いたので、ベスト100には惜しくも入らなかったこのアルバムを・・・。※泉谷と同じで個人選25には、このアルバムか【ぼちぼちいこか】(有山淳司とのデュオ)は入っていた。念のため・・・。  さて、実はオーティスの『アイ・キャン・ターン・ユー・ルーズ』(お前を離さない)を知った…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more